YAMAHA「FJR1300AS/A」がツーリング・スポーツ性能を進化させて新発売!

ヤマハ発動機からビッグニュース!

ロングツーリングで高い実力を発揮する
スポーツツアラーとして人気の高い
「FJR1300AS」「FJR1300A」が、
全性能をさらに進化させ新登場です!

主な進化ポイント!

6速トランスミッションを新採用

高速巡航性をさらに快適にする為に、
トランスミッションが従来の5速から
6速に刷新されました。

単に現行の5速にプラスした6速ではなく、
全域での滑らかな繋がり感を実現する為に、
ギアごとに効率よく駆動力を引きだすギアレシオを
設定し直しております。

また、コンパクトな「ヘリカルギア」の採用により
6速に増加されたにもかかわらず、軽量化が実現されました。

A&S クラッチの採用(「FJR1300A」のみ)

より快適なシフト操作を実現するため、
アシストカムとスリッパーカムの2種のカムを設けた
A&S(アシスト&スリッパー)クラッチを採用しました。
クラッチレバーの操作荷重を低減するとともに、
市街地での軽快な走りが可能になります。

新型ヘッドランプと灯火器のフルLED化


従来のカウル及びヘッドランプの形状は継承しつつ、
立体感のあるデザインに一新。

また、リアコンビネーションランプ、ライセンスランプ、
ポジションランプにもLEDを採用し、先進性と高級感が増加されました。

コーナリングランプ装備(「FJR1300AS」のみ)


ヤマハ発動機としては初の新システムである
「コーナーリングランプ」が新採用されました。
走行中、バンク角に応じてイン側前方を照射する
ランプが順次自動点灯し、照射エリアが広がります。

ロービーム、ハイビームいずれの場合も
浅いバンク角ではイン側のランプが1個点灯、
バンクが深くなるにつれて2個目、3個目が
追加点灯し、夜間走行でのライダーの負担軽減が図られます。

新デザインのマルチファンクションメーター


メーター類も一新されました。
3連独立のメーターは、ガンメタの枠で囲むデザインで、
高級感が一層際立ちました。
デジタル表示メーター液晶も一新。
液晶バー表示の燃料計はブロックバータイプに変更され、
全体的に見やすい表示となっております。

まとめ!

もともと「FJR1300 AS/A」はツアラーとしての
高い安定性と快適さに定評がありました。

今回はさらに、トランスミッションやクラッチの
大幅な見直しによる、走行性能の進化、
灯火系の見直し、コーナーリングランプ追加など
安全性の進化などが大きな変更ポイントとなり、
ツアラーとして、さらに熟成が重ねられました。

単なるマイナーチェンジではなく、
フルモデルチェンジに近い進化を遂げた
といっても過言ではありませんね。

新型「FJR1300AS/A」は7月25日発売予定

税込価格はそれぞれ、
「FJR1300AS」1,836,000 円
「FJR1300A」 1,512,000 円

カラーラインナップはどちらも
マットシルバー1(新色/マットシルバー)
ダークグレーメタリック N(ダークグレー)

の2色となっております。

最新型のスポーツツアラー、見逃せませんよ!

ABOUTこの記事をかいた人

張山 和希アイコン

北東北を中心にツーリングをし、紀行文やニュース記事を細々と執筆している。 オンロードだけでなく、林道ツーリングやオートバイキャンプなど、色々やっている。 北海道ツーリングの常連で、そこそこ詳しい。愛車はカワサキW800&KLX125。