安くて頼れる150、スズキ ジクサーが新しくなって登場!メカメカしさ満載にグレードアップ!

近年盛り上がりを見せている日本の150クラス。

中でも150人気の序盤に登場して愛され続けているのがスズキのジクサーです。

そんな愛されキャラバイクが生まれ変わって新しくなりました!

力強いスタイリング


ジクサーはスズキの名車シリーズGSX-Rの略語から生まれた名前。
大型バイクとほぼ同じ質感の高さとデザインから多くのライダーに親しまれました。

生まれ変わったジクサーは様々な新しい機能が盛り込まれています!

ヘッドライトはLEDに変更、海外のバイクや大型バイクにたまにあるスイングアームマウントリヤフェンダーを採用しています(リアタイヤにかぶってるタイプのフェンダー)。

GSX-Rシリーズと言えばスズキのスポーツバイクに名付けられる名前ですが、その略語であるジクサーはスポーツバイクの力強いスタイリングを凝縮したデザイン
これまでのモデルもそうでしたが、今回新しく出るジクサーもそのスタイルは健在。

機能面では今回から新しくABSが採用されました。

フロントのみですが、濡れたアスファルトでも荒れた路面でもブレーキロックを避けられるので、遊び幅が広いジクサーみたいなバイクにとってありがたい機能
150ならではの身軽さを生かして存分に遊べそうなバイクです!

150って本当に便利?


MotoBeでは過去にジクサーを使って5000円を使い切るツーリングゲームを企画しました。
【下道疾走旅1】ジクサーで旅に出て5000円を使い切る!本気の下道節約ツーリングが始まった!

長期連載していたので、ジクサーは思い出に残ってるくらいたくさん乗ったバイクですが、150の何が良いかって身軽さと燃費

125以上、250以下という微妙すぎる排気量ですが、150の場合車重含め乗っている感覚は125に近いんです。

もちろん125でも250でも街中を走れますが、150の場合走っている中で偶然見つけたスポットに寄り道したり、場所によっては一方通行を降りて押したり、250じゃちょっと重くてめんどくさいようなことが余裕で出来ちゃう身軽さがあります。

しかもこの身軽さで高速に乗れてしまうのも魅力的。
125のように細かく入り組んだ街中から250のようなツーリングユーズもこれ一台でこなせてしまう案外お得な排気量であり、しかも燃費は125スクーター並み、というのが150なんです。

関連記事:【ゲーム】5000円あったら何ができる?!スズキ ジクサーで上限付きツーリングゲームやってみた!
関連記事:【遊びバイク】150ccにしかない特技がある?SUZUKI GIXXERで遊ぶと結構便利だった!〜スケボー編〜

カラーは全3色!

ブルーメタリック×ブラック

グラススパークルブラック

シルバーメタリック×ブラック

まとめ

発売は2020年3月4日となっています!
ジクサーの魅力は様々ですが、なんだかんだ言って一番は税込み35万ほどで買えてしまうという安さ

中古車並みの価格帯で買える新車なので、免許取り立ての方や学生ライダーにもピッタリなバイクです。

気になった方は是非実車を見てみてください!