【ネオレトロ】ホンダからCB750FをモチーフにしたCB-Fコンセプトモデルが発表!憧れの名車が復活!

近年各メーカーからリリースされているネオレトロバイク。

XSRから始まりZ900RSなど、昔のモデルをモチーフに現代の技術で作られたバイクです。

そんな中、ホンダからまた新たなネオレトロモデル候補、CB-Fコンセプトが発表されました!

CB750Fのネオレトロ


今回コンセプトモデルとして発表された「CB-Fコンセプト」。
お気づきの方もいるかも知れませんが、これは70年代に発売されたCB750Fを元に現代スペックでアレンジされたコンセプトモデル

昨年CB誕生60周年を迎え、CBシリーズの「守り抜くこと・変革すること」を徹底的に議論して生み出されたモデルです。

タンクからテールにかけての造形やグラフィックは当時のCB750Fとほぼ同じ
細かい凹凸まで再現されてるのが旧車マニアにはたまらない逸品…。

オリジナルは艶ありでしたが、今回のコンセプトモデルはマットシルバー仕様となってました。

エンジンはもちろん4気筒、1000ccクラスのエンジンを搭載しています。

オリジナルは空冷に対し、こちらは水冷となっていますが、現代スペックで作るならココはマストになってくるはず。
4本のビカビカに光るエキパイがオリジナルと同じく、たまらなくカッコいいです…。

リア周りは片持ちのスイングアーム、プロアームを採用

最近あまり見なくなりましたが、こういうマシンにつけるとカスタムマシンっぽくてシビレますね!

灯火類がカッコいい


ヘッドライトは今まで見たこと無いようなタイプの丸形LED

車で言うイカリング的な光り方が近未来感を演出しています。

個人的に一番感動したのがテールランプ。

オリジナルの形ほぼそのままにLED化しているので、CB750Fの角テールイメージは次の世代にも受け継がれそうです。

メーターはモニター式。

こういうデザインのバイクって普通ならタコ、スピードの丸メーター2個並びですが、細かい部分が現代的にアレンジされているのでモニター1発もこれはこれでアリ…。
再現が難しい旧車の灯火類ですが、近未来感とレトロ感をうまく混ぜ合わせて再現されてました!

まとめ

CB-Fはコンセプトモデルとして発表されたので発売などの情報はありません
しかしこれはこのまま出てきたら相当な人気車種になりそうな予感!

僕を含め、旧車が好きで乗りたいけど現実的に難しい…と諦めてしまうライダーでも、こういう昔のバイクをモチーフにデザインされた最新の現行車が出てきてくれると嬉しいですね!
発売されるかどうかは全く不明ですが、もし可能なら是非世に出てきて欲しいバイクです!

バーチャルモーターサイクルショー開催中

新型コロナウイルスの影響で今年のモーターサイクルショーは中止になってしまいましたが、なんとホンダはバーチャルでモーターサイクルショーを開催!
今回のCB-Fも見ることができます。

是非バーチャルでホンダブースを見に行ってみてください!
Honda バーチャルモーターサイクルショーはこちら!