• HOME
  • 記事
  • ニュース
  • Honda VTRシリーズのカラーリングが一新!特別カラーの「Special Edition」が渋い!

Honda VTRシリーズのカラーリングが一新!特別カラーの「Special Edition」が渋い!

Honda VTRシリーズは乗りやすさとスタイリングから男女問わず多くのライダーに人気があるミドルクラス。

今回VTRシリーズのカラーリングが一新され、Special Editionが追加されました!

深みのあるカラーリング


スペシャルエディションの車体色はマットビュレットシルバー。

フレームやヘッドライトリムなどのパーツをブラックで引き締め、極めつけはホイールのマットグレー。
渋さ全開であります。

タンクにはストライプ柄のオリジナルグラフィックを採用し、立体エンブレムやブラウン色のシートで上品さをもたせています。

ひと目見ただけで目に焼きつく珍しいカラーリングです。

実はこのカラー、今年の東京モーターサイクルショーで展示されたVTR250のカスタムコンセプトモデル。

かなりコンセプトモデルに近い状態での市販化となりました!

ハーフカウルのVTR-Fも!


ハーフカウルが付いたモデルのVTR-Fの方もカラーリングが変更され、マット色に!

フレームのレッドが効いてよりスポーティーなイメージに仕上がってますね!

スタンダードモデルも変わった!

スタンダードモデルでは二色を採用。

上質かつ落ち着きのあるカラーリングになりました。

キャンディープロミネンスレッド

パールサンビームホワイト

まとめ

カラーリングが一新されたVTR、かっこいいですね!

SEモデルは今までのライダー層とは別の方たちも気になるカラーリングになっているんじゃないでしょうか?

発売は全カラー・モデル共に2016年10月21日(金)となっています!

この記事をかいた人

佐藤 快アイコン

27歳MotoBe編集長。愛車はRA125、SR400、MHR、NSR250R(MC21)※組立中など大の旧車、2スト好きでもある。バイクに関するWeb記事、雑誌、ライトな写真撮影、脚本、イベントなど何でも編集屋さん。 関連記事:【バイクの魅力】バイクに乗り始めた理由は?「バイクがあれば色んな遊びができるから」ケース1(編集長)

関連記事一覧