待ってました!SUZUKIからV-Stromシリーズのミドルクラスモデル「V-Strom250」登場!

SUZUKIからまたまたビッグニュースです!
EICMAミラノショーにて、250ccのアドベンチャーバイク「V-Strom250」を発表しました!

「こんなバイクがほしかった!」という声も高かっただけに、期待の1台です!

250アドベンチャーはこんな感じ!

「シリーズ共通のイメージとしたスタイリングを採用した」というV-Strom250。

ツーリングでの快適性はもちろん、日常的な扱いやすさを両立した、新次元の「スポーツアドベンチャーツアラー」として、世に送り出されます。

細かい個所を見てみよう!

大型のスクリーンが、純正で装備!
これは長距離ツーリングも快適そうです。
また、ヘッドライトも大きめのものを採用しているので、夜道の視認性も良さそうですね。

エンジンは画像で見る限り、250ccのパラレルツイン。
海外の情報ではGSR250ベースのエンジンだとか。確かに形もそっくりです。

どのような走りをするのか、期待ですね!

車体後方には、ベースキャリアと、パニアケースなどを取り付けられそうな雰囲気!

V-Stromシリーズといえば、大型のパニアケースを3つほどつけて、北海道などのロングツーリングを走っているイメージですが、果たして250はどうなるのでしょうか?

なお、中国向けに2017年夏から発売とされていますが、グローバル展開していくとのことで、日本での発売も期待できそうです!

まとめ

250ccクラスにも、大型のタンクを採用したアドベンチャーバイクが欲しいという声が多かっただけに、今回のV-Strom250の発表は嬉しいライダーも多いかと思います。

アドベンチャーバイクって、どうしても「ビッグオフ」と呼ばれる大排気量が主流でしたので、
ミドルクラスにも、こういうバイクが登場してくるのは嬉しいですね。

V-Strom250、日本での発売が本当に待ち遠しい1台です!

ABOUTこの記事をかいた人

張山 和希アイコン

北東北を中心にツーリングをし、紀行文やニュース記事を細々と執筆している。 オンロードだけでなく、林道ツーリングやオートバイキャンプなど、色々やっている。 北海道ツーリングの常連で、そこそこ詳しい。愛車はカワサキW800&ヤマハセロー250。