ついに来た!SUZUKIからGSX-Rシリーズのミドルクラスモデル「GSX250R」登場!

SUZUKIがEICMAミラノショーにて、ついに250ccのスポーツバイク「GSX250R」を発表しました!

まだかまだか騒がれていただけあって期待できる一台です!

GSXの名にふさわしいスタイリング


スポーツバイクでありながら町中などでも使い勝手がいいというGSX250R。

エンジンは水冷2気筒エンジンで低中速に重点的にパワーを置いています。

ハンドルはセパレートハンドル!
セパレートハンドルだと前傾になりがちなイメージがありますが快適なポジションに設定してあるとか。

確かにステップ位置も低めで長距離も辛くなさそうです。

カウルはかなりスポーティーなイメージでGSX-R1000などと似た雰囲気があります!

スズキの伝統的なスポーツバイクのイメージを継承していますね。
テール周りもスッキリとしていてスポーティーな感じがしますね!

欧州向けに2016年冬から発売とされていますが日本での発売も近々期待できそうです!

まとめ

噂通り、ミラノショーで発表されたGSX250R。

価格は未定ですがベースをGSR250と考えると、安めの価格設定かもしれません!(あくまで予想ですが)

250スポーツバイクは今でも十分な盛り上がりを見せていますが、SUZUKIも参戦したことによってますますヒートアップしそうです!

この記事をかいた人

佐藤 快アイコン

27歳MotoBe編集長。愛車はRA125、SR400、MHR、NSR250R(MC21)※組立中など大の旧車、2スト好きでもある。バイクに関するWeb記事、雑誌、ライトな写真撮影、脚本、イベントなど何でも編集屋さん。 関連記事:【バイクの魅力】バイクに乗り始めた理由は?「バイクがあれば色んな遊びができるから」ケース1(25歳/編集長)

関連記事一覧