一番安くバイクに乗る方法?!激安中古車バイクライフ〜バイクの見つけ方〜

今回はお金をかけずにバイクに乗る方法をご紹介します。
車を買おうとすると最低でも15万…。

実際趣味にそこまでお金をかけられる人って20代前半だと厳しい場合もありますよね。

でもバイクに乗りたい!!

そんな方におすすめなのが某オークションなどで激安の不人気車を探して現地に引き取りに行く方法!
ただし!!それなりに苦労します!!←(ここ重要)

初心者にはオススメできません!格安バイクってことはそれなりに理由があったり、壊れていることが多々あるので自分で直せるスキルがある方に限ります。

今回は筆者の体験談を元にオークションで35000円で落札した不人気車を買って最終的にどれくらい苦労したのかの話。

まずはバイク探し!

まずは落札するバイクから探します。
しかし、コツがわからないと激安不人気車を探し当てることができません!

いくつかのコツを紹介。

検索の仕方

まず欲しい排気量を欲しい排気量を決めましょう。そして検索欄に排気量の数字だけを入力。今回は125ccが欲しかったので「125」とだけ入力します。

そして検索ジャンルをオートバイ車体に絞り、価格が安い順に表示させます。

表示されるバイクの中から目当てを探す

125だけを表示させれば大体の125ccのバイクが引っかかります。
筆者の目当ては125ccの2ストロークのフルサイズオフロードバイク。

ちょっと理想高くね?と思うかもしれませんがこれが結構な数あるんです。
貧乏な筆者の予算は車体代だけで4万円。若者のリアルってここらへんの金額だと思います笑。

しかし上限4万円でも軽く150件は表示されます。
ズラズラと探していくと35000円で黄色いバイクを発見。SUZUKIのオフ車「RA125」

見つけたら各部のチェック

オークションの場合、写真と説明欄でしか判断できませんがまずはエンジンの調子。

今回は運良く動画がついていたので動画と写真から判断しました。
動画では吹け上がりもよく、異音もしていなかったため大丈夫。

2ストロークの場合ミッションからの異音や回転数を上げた時に綺麗に回るかどうか、あとは発進できるか。動画で判断できるのはそのくらいだと思います。

写真ではフォークのサビのチェック、フレームのサビ、オイルにじみ、転倒歴。これくらいはマストでチェックしておきましょう。

他にも気になる部分は質問してみたり、可能な場合は現車確認するのが一番かもしれません。
※点サビの例

http://blog.goo.ne.jp/lightning-ybr/e/435c9a96425c737baf52259389c85a0d

大丈夫そうだったらいざ落札!

今回は不人気車ということもあり、難なく落札できました!
料金はできるだけ早めに振り込んだほうがトラブルが出ないです。

あとは出品者とやりとりし、自走で帰れそうな距離だったので自走を決意。

自走引取の際はナンバーと自賠責を忘れずに

事前に書類を送ってもらい名義変更と自賠責を済ませましょう。
125ccまでだったら市役所で名義変更、コンビニで自賠責に入るだけなので簡単です。

今回はバイクの選び方、買い方まで。
次回は引取り編です。
引取り〜乗り出しまでもいくつかコツがあるので是非チェックしてみてください!
一番安くバイクに乗る方法?!激安中古車バイクライフ〜引取り乗り出し編〜