• HOME
  • 記事
  • レポート
  • 【中免可】ロイヤルエンフィールド メテオ350がついに上陸!外車らしいスタイルで流行りをバッチリ抑えたクルーザーに注目!

【中免可】ロイヤルエンフィールド メテオ350がついに上陸!外車らしいスタイルで流行りをバッチリ抑えたクルーザーに注目!

昨年末に海外でデビューしたロイヤルエンフィールドのメテオ350。

外車って基本大型クラスが多くて、日本だと大型免許を持っていないと乗れないバイクが多いですが、メテオは350なので普通自動二輪免許でも乗ることができます。

つい先日、日本に実車が到着したのでMotoBeでは一足先に実車の様子をお届けします!
関連記事:中免で乗れる本格アメリカンクルーザー、ロイヤルエンフィールド メテオ350の日本発売が待ち遠しい!

クラシカルな雰囲気のクルーザー


こちらが噂のメテオ350。
日本での発売時期などはまだ発表されていませんが、3グレード展開となっていて、今回撮影したのは一番上のグレードにあたるSupernova Brownになります。

車格は一般的な400クラスと同等ですが、パッと見ただけでも中々質感高くて外車らしい雰囲気が漂います

エンジンは空冷350cc単気筒
ブラック塗装でシリンダーフィンの外側のみマシニングされてアルミ色になっています。

インジェクションのカバーだったりマフラーはメッキとなっていて、エンジンのブラックが際立ってかっこいい!

タンクは車体に対して縦長のアメリカンタイプの形。
ロイヤルエンフィールドのエンブレムがまた高級感あってキマってます。

ブラウンカラーですが、このグレードは下側がツートンカラーになっているなど、今の中免クラスではあまり見ない凝り方!

足回りもエンジンと同じくブラックがメインでスポーク部分がマシニングされてアルミカラーになっているなど雰囲気が統一されています

なんかどことなく今のバイクっぽくない、ロイヤルエンフィールドらしい一昔前のレトロな雰囲気も感じさせてくれるバイクです!

レトロだけど、中身はしっかり最新!


ヘッドライトはポジションで外周が光る、通称イカリング仕様
レトロなスタイリングですが、こういう細かい部分では今のバイクらしいスタイリングとなっているので、そのギャップがまたかっこいいんです!

灯火類はLEDがとなっています。

テールランプは小さめの丸目タイプ。

アメリカンクルーザースタイルのバイクなので、フェンダーが長くランプが下の方に付いていて、クラシカルな雰囲気。

メーターのデザインも結構凝って作られています。
ロイヤルエンフィールドのバイクってどのモデルもメーターパネルがかっこいいんですが、メテオもまたどのモデルとも違った独特な良さがあります。

スピード、タコ、ガソリン、距離などまとめて1個に集約されています。

そしてメインメーター横に付いているコレはTripperというナビゲーションシステム
Bluetoothでスマホとペアリングさせると矢印と距離で目的地まで案内してくれるというもの。

これが標準でついてるというのも凄いですよね!
これがあればスマホホルダーもいらないし、メーター周りもスッキリした状態で乗ることができます

ちなみにハンドル周りでいうとスイッチ類も安っぽくなくて、しっかりデザインされているのもかっこいいポイントの1つ

細部まで雰囲気が統一され、徹底的にクラシカルなテイストでデザインされているので乗り始めたあとも飽きが来なそうなバイクです!

上位グレードにはスクリーンとバックレスト付き!


今回撮影したメテオはハイグレードモデルのため、スタンダードにはないオプションが装着されています。
これまで紹介したカラーやホイールのマシニング加工もそうですが、大型のスクリーンもハイグレードモデルにしかないオプションの1つ

かなり大型ですが、クルーザースタイルのメテオなら似合ってました。

他にもタンデムシートの後ろ側にはバックレストがついています。
背面にロゴが入っているのがまた高級感あって様になってました。

タンデム時はもちろん、キャンツーなどで荷物を積むときにも便利です。

足つきは抜群!


実際に跨ってみると、アメリカンなので足つき良好!
一見重そうにも見えますが、低重心なバイクなので支えやすくて、スタンドを払うときも軽く起こしやすく感じました。

身長170cmの僕がまたがっていますが、ここまで足つきが良いなら女性人気も高そうです!

シフトペダルがシーソー式になっているので、普通のバイクと同じようにアップダウンもできますが、アップ時にペダルの下に足を入れなくても後ろ側のペダルを下に操作することでシフトアップも可能。

これのおかげでお気に入りのスニーカーなどでも汚さず乗れるので、特に若い世代は重宝すると思います!

まとめ

日本での正式な発売日などはまだ発表されていませんが、近々とのこと。
価格は59万〜62万あたりで3グレード展開される予定とのことなので、外車とは言え価格は国産車と同等となっています。

現状中免クラスで乗れるアメリカンクルーザースタイルのバイクは数少ないので登場したら人気が出るはず!
続報が届き次第またレポートしていきます!

この記事をかいた人

佐藤 快アイコン

27歳MotoBe編集長。愛車はRA125、SR400、MHR、NSR250R(MC21)※組立中など大の旧車、2スト好きでもある。バイクに関するWeb記事、雑誌、ライトな写真撮影、脚本、イベントなど何でも編集屋さん。 関連記事:【バイクの魅力】バイクに乗り始めた理由は?「バイクがあれば色んな遊びができるから」ケース1(編集長)

関連記事一覧