• HOME
  • 記事
  • ニュース
  • 中免で乗れる本格アメリカンクルーザー、ロイヤルエンフィールド メテオ350の日本発売が待ち遠しい!

中免で乗れる本格アメリカンクルーザー、ロイヤルエンフィールド メテオ350の日本発売が待ち遠しい!

日本で買える外車ってどれも大型クラスのバイクが多い感じがしますが、実は最近400以下の中免で乗れるクラスも増えてきました。

今回紹介するのはイギリス発祥で現在はインドのオートバイブランド、ロイヤルエンフィールド。

いま小排気量クラスの新車ではかなり少ない、アメリカンクルーザーが日本に来るかもしれません!

レトロフォルムなアメリカン


メテオ350はクラシックな雰囲気を醸し出すアメリカンスタイルのクルーザー。
アメリカンクルーザーって響きだけだと大型バイクなイメージですが、350ccなので普通自動二輪免許、通称中免で乗ることができます

つい先日発表されたモデルで、日本での発売時期や価格などは未定

アメリカンクルーザーなので、普通のバイクよりもポジションがロー。
長時間乗っても疲れにくい姿勢で乗れるバイクです。

乗ってる姿を横から見てもどっしりしててかっこいい!

ガチな旧車ではないけどどこか懐かしいデザイン、というのも古くから続くロイヤルエンフィールドならではの技

ある意味ネオレトロな一面も持ったバイクです。

エンジン、装備もバッチリ!


エンジンは空冷単気筒350cc
粘り強いトルクと扱いやすさがうまくバランスしたエンジンです。

まだ実車に乗っていないので詳しくはわかりませんが、このくらいの排気量で単気筒なら初心者でも扱いやすそう!

ちなみにメーターにはスマホとBluetoothで繋いでナビが表示されるTripperというハイテク機能も。

スマホと繋げるメーターは大型クラスの高級バイクには付いてますが、小排気量モデルで付いてるのは結構レア!
もし日本モデルでも実装された相当激アツですよね!

※画像は本国サイトから抜粋

ツーリングから通勤まで完結!


メテオの凄いところは走る場所を選ばず基本どんなシチュエーションでも乗れてしまうところ。
イメージとしてはSR400やレブル250などと近いかもしれません。

平日は通勤・通学の足として使って休日はツーリングに、というのが同じバイクで完結できてしまうんです。

極論乗ろうと思えばどんなバイクだってどんなシチュエーションでも乗れますが、それが乗って楽しいかどうかは別の話

300km/h出るようなスポーツバイクで街を走っても持て余すばかりでフラストレーションが溜まる感覚はやったことある方ならわかると思います。

このくらいの排気量で、こういうスタイルのバイクだからこそ、街でも郊外でもどこで乗っても同じように楽しめるフィーリングなんです。

ある意味スクーターよりも万能なのかも?しれません。

日本での発売時期や価格は現在未定
続報があり次第お知らせします!

この記事をかいた人

佐藤 快アイコン

26歳MotoBe編集長。愛車はNSR250R(MC21)※組立中、RA125、SR400など大の2ストローク、旧車好きでもある。バイクに関するWeb記事、雑誌、ライトな写真撮影、脚本、イベントなど何でも編集屋さん。

【バイクの魅力】バイクに乗り始めた理由は?「バイクがあれば色んな遊びができるから」ケース1(25歳/編集長)

関連記事一覧