これからが本番の冬を暖かく格好良く走ろう(グローブ&パンツ編)

th_150607_1840

前回記事:これから本番の冬を格好良く暖かく走ろう (ジャケット編)

さて、防寒ウエアの第2回目はパンツとグローブについてです。ジャケットだけ着ても指先や下半身寒いとお話になりません。
上半身は重ね着とかで色々と寒さに対応できるんですが下半身の重ね着には限界があります。せいぜい下着とは別に二枚です。だからこそ逆に防寒ウエアの役目が重要になります。

スタイルで別れる下半身の防寒スタイル

ライコランドTOKYO BAY東雲店の商品アドバイザー、松永さんにうかがうと下半身の防寒のやり方は三つ。
(1)普段履いているズボンの下に防寒アンダーを着ること。
(2)普段履いているズボンの上にオーバーパンツを履くこと。
(3)街も歩けるような防寒パンツを履く。

アンダーウエアは一番多くの人達がやっている方法です。ユニ◯ロのヒート◯ック最強、なんていう人達がいるんですが、ジャケットのところでも説明したようにそういうのはバイクのような過酷な使い方を想定していません。風が当たるってもせいぜい自転車くらい。風の強さが全く違うわけです。つまり街用やアウトドア用とバイク用の防寒アンダーウエアの違いというのは、防風性があるかないかです。バイク用は発熱素材が入っているものなどもあって暖かさが段違いなのだといいます。

オーバーパンツっていうのは、たぶん暖かさでは一番。ただし、バイク降りた瞬間の格好はあんまり格好良くありません。それとバイクを降りてどこかに行くとしたら、そこでパンツを脱がないといけないのがネック。公衆の面前でそんな姿を見られたくない、っていう人達もいるわけです。そんなわけで最近のオーバーパンツはブーツなどを脱がなくても脱げるようになりました。

つまり寒くても格好よさは絶対に捨てない。さらにバイクを降りたらそのまま街を歩きたい、っていうのであれば普段履きのズボン+防寒インナー、あるいは防寒パンツのどちらかということになります。

HYOD D30 RIDE PANTS WARM LAYERD

th_DSC_4399
th_DSC_4406
th_DSC_4404
ライコランドTOKYO BAY東雲店 販売価格 ¥20000+tax
防寒パンツでスタイリッシュなシルエットだったのがHYODのデニム。膝や腰にパットも入っているのにそれがわからないくらい自然なデザイン。内側もかなり丁寧に作られています。

EDWIN 503 WILDFIRE

th_DSC_4410
th_DSC_4417
th_DSC_4418
ライコランドTOKYO BAY東雲店販売価格 ¥9000+tax
こちらはエドウィンのジーンズ。バイク用じゃありませんが防風、防寒効果のあるジーンズとしてライコランドTOKYO BAY東雲店でも置かれていました。もちろん防風、耐寒性ではバイク用に負けてしまいますが、街用ならではのデザインとかもあるし。

GOLDWIN ウォームカーゴパンツ

th_DSC_4428
th_DSC_4429
ライコランドTOKYO BAY東雲店販売価格 ¥20700+tax
ゴールドウインのパンツはこれだけで防寒パンツとしてもオーバーパンツとしても使えます。ヘビーデューティーなワークパンツ風のデザインがアメカジっぽい感じ。

大事なのは先端が暖かいこと

そして重要なのはグローブ。指先ってバイク乗っていて一番冷たくなるところ。松永さんによればグローブ選びの基準はバイクの操作しやすさを最低限確保したものにするか。それとも暖かさを最優先するかのどちらかということ。

RS TAICHI  GORE TEXグランドウインターグローブ

th_DSC_4440
ライコランドTOKYO BAY東雲店販売価格 ¥14800+tax
松永さんが言う最強スペックのグローブがこれ。これで寒いとか指先が冷たいとなったら、あとは電熱線入りのグローブを買うしかない、っていうくらいのスペック。関東近辺で冬を乗り切るのであればまったくスペックに問題はない。

DEGNER 3シーズン レザーグローブ

th_DSC_4445
ライコランドTOKYO BAY東雲店販売価格 ¥5900+tax
さりげない雰囲気で人気のグローブ。スウェード調の素材のため普段着に合わせても違和感がない。透湿防水フィルム内蔵のため暖かく長く使うことができる。

GREEDY GWG-276

th_DSC_4447
ライコランドTOKYO BAY東雲店販売価格 ¥7500+tax
チェックの柄で可愛い外観のグローブ。防水透湿フィルム採用。手のひら側には牛革を採用して耐久性と操作性を向上させている。手首がジャージなので風の巻き込みなども少ない。

RS TAICH サージウインターグローブ

th_DSC_4449
ライコランドTOKYO BAY東雲店販売価格 ¥9300+tax
松永さん曰く、バイクの操作性を重視するのであればこのグローブが限界。つまり操作性を犠牲にすることなく防寒性能を追求したギリギリのところで作られたグローブ。

薄手のグローブを使っている、あるいは現在使っているものがもう一つ寒い、というのであればインナーグローブもあり。発熱素材を使っている。コストパフォーマンスは高い。
th_DSC_4451

取材協力ライコランドTOKYO BAY東雲店
th_DSC_4467
東京都東雲2-7-12
03-3527-7431
営業時間
平日11:00~20:00
土日祝日 10:00~20:00

お話を聞いた人

th_DSC_4465
松永和信さん
パイクパーツスペシャリスト・バイク用品アドバイザー。バイク用品のこと、何も知らない初心者にも優しく用品のことを教えていただけるアドバイザー。自分のスタイル、好み、予算などを伝えれば最適なアイテムを考えてもらうことができる。