• HOME
  • 記事
  • レポート
  • クラシカルだけど最新モデル!Honda GB350はスタイル、サウンド、乗りやすさどれも文句の付け所がないクオリティだった!

クラシカルだけど最新モデル!Honda GB350はスタイル、サウンド、乗りやすさどれも文句の付け所がないクオリティだった!

前回記事:クラシカルだけど最新モデル!Honda GB350はカジュアルさ、シブさ、手軽さの三拍子が揃ったストリートバイク

ホンダから新たに登場したGB350。
注目のストリートバイクです。

前回はスタイリングをお届けしましたが、今回は実際に乗ってみてインプレッション!
街中を走るなら攻守最強の乗りやすさでした!

抜群のトルクと優しいハンドリング


350の単気筒って1気筒あたりの排気量としてはかなりの大きさ。

回転を上げなくてもグイグイ前に押し出してくるようなトルクなので、125や250のような回して走る感じではなく、ゆっくりですがトコトコ分厚いトルクを楽しめるフィーリングです。

タコメーターが付いていないので正確な回転数はわかりませんが、普通なら車体が前後にガクガクしたり、エンストしてしまうくらいの5速超低回転(1000~2500rpm)で繋いでも余裕で走ってくれるので、結果ライダーも普段より余裕を持って走れます。

ライバルとなるであろうヤマハのSR400と比べてもここまで低回転が気持ちよく感じる感覚はありませんでした。

合わせて足回りもエンジンにマッチしたセッティングになっていて、特に交差点などの細かいコーナーでも安定感抜群

今回試乗したGB350のスタンダードモデルはフロントが19インチ、リアが18インチという旧車にもよくあるサイズなんですが、普通だったらもっと機敏に感じるサイズなんです。

しかしGBは同じサイズなのに性格がすごく優しくて、ライダーがどんな曲がり方をしてもある程度は意識せずにバイクが自然と曲がってくれるイメージ。
もっと尖ったキャラかと思ってましたが、かなりのおおらかさです。

中身はしっかり現代のバイク


デザインからしてクラシカルな雰囲気満載なので、乗ったフィーリングもそっちに寄せてきているのかと思いきや、エンジンも足回りもしっかり現代のバイクらしい仕上がりでした。

もっと言えば旧車らしい部分ってデザイン以外特にありません。
昔のバイクじゃ対応してくれないような乗り方もできるし、誰が乗っても一番最初から楽しく乗れる完成度

この見た目でそこまで許容量の高いバイクってこれまで登場した様々なメーカーのバイクを見てもGBが一番かもしれません。

スニーカーでも汚れないシーソーペダル


GB350のシフトペダルは普通のバイクとは少し違っていて、後ろ側にもペダルが付いています。

これはシーソーペダルと言ってシフトアップの時前側のペダルをつま先で持ち上げるのではなく、後ろのペダルを下に落とすことでもシフトアップできるというもの。

今回はライディングブーツを履いていきましたが、靴をペダルの下に入れずにつま先とかかとだけで操作できるので、例えばお気に入りのスニーカーなどで乗っても靴を汚すこと無く乗れるんです。

日本のバイクにはあまり付いていないパーツですが、GBで使ってみて初めてこれはこれで便利だなと思いました。

心地いいサウンドにも注目


今回試乗してみて一番響いたのは排気音の心地よさ。
純正マフラーなのに車検対応の社外マフラーのように低音がしっかり利いていてドコドコサウンドを楽しめます

回転を上げた時にはこれまで見た純正のバイクではまず無かった「ドゥッ…ドゥドゥ!!」とドスの利いたサウンドなので、純正マフラーで満足する人は多いハズ。

決してうるさくはありませんが、遠くの方から走ってきて目の前を駆け抜け、また遠くに伸びていくときの音はひと目振り返ってしまうような迫力があります。

ホンダが本気になるとこんないい音すんのか…と思わず感心してしまったサウンドでした。

乗る場所を選ばないストリートバイク


ストリートバイクってどれも乗る場所を選ばず、幅広いシチュエーションで楽しみやすい性格のバイクが多いですが、GBも例外ではありません。

今回街中メインに峠などのスポーツライディングもしてみましたが、何をしてもそつなくこなしてくれるバイクでした。

少し攻め込んで走ってみてもバイクを倒して走るのをより楽しく感じさせてくれる気持ちの良さ。
バサバサ左右に振り回して乗ることもできますが、安定感が高いバイクなので緩やかなカーブを思い描いたライン通りに曲がってくれます

速いバイクではありませんが、そういう気持ち良さの部分は徹底的に追求されているバイクでした。

まとめ

想像以上に細かい部分までしっかり作り込まれていたGB。

一昔前のストリートバイクって格好は良くてももう一息パワーが欲しかったり、細かいところでコストカットを感じてしまったりするバイクもありましたが、GBはそれがどこにもなかったのが一番凄いと思ったところ。

さすが世界のホンダとだけあってこれまでのストリートバイクのクオリティを一気に塗り替えてくれたような感じがします。

発売日は2021年4月22日となっているので気になった方はぜひ一度実車を見に行ってみてください!

この記事をかいた人

佐藤 快アイコン

27歳MotoBe編集長。愛車はRA125、SR400、MHR、NSR250R(MC21)※組立中など大の旧車、2スト好きでもある。バイクに関するWeb記事、雑誌、ライトな写真撮影、脚本、イベントなど何でも編集屋さん。 関連記事:【バイクの魅力】バイクに乗り始めた理由は?「バイクがあれば色んな遊びができるから」ケース1(編集長)

関連記事一覧