• HOME
  • 記事
  • レポート
  • クラシカルだけど最新モデル!Honda GB350はカジュアルさ、シブさ、手軽さの三拍子が揃ったストリートバイク

クラシカルだけど最新モデル!Honda GB350はカジュアルさ、シブさ、手軽さの三拍子が揃ったストリートバイク

少し前にネオクラシックが流行ってその流れから最近では小排気量のストリートバイクが注目されています。

今回ご紹介するのはホンダから新しく登場するGB350。
ホンダでは久々のストリートバイクのニューモデルです。

MotoBeでは一足先に試乗会にお邪魔してきました!

新しいけどシブさ感じるスタイル


こちらが今回新たに発売されることとなったGB350のスタンダードモデル
最新のモデルですが、どこかクラシカルな雰囲気を感じるバイクです。

ネオクラシック、とも言えますがこれまでのネオクラモデル以上にレトロな雰囲気が際立ちます。

フロントよりもリアからのほうがもっとシブさが強め。
「70年代の旧車なんだよね〜」と言われたら納得してしまうそうな迫力です。

カジュアルなストリートバイクをベースに昔のバイクのような雰囲気が散りばめられています。

エンジンは空冷単気筒350cc

ブラックベースに塗られていてフィンが削られていたりするので主張しすぎず、シックな雰囲気にまとまっています。

インジェクションにはメッキのカバーがされていて高級感あるイメージに。

足回りはもちろんABS付きディスクブレーキ

この手のバイクはスポークホイールというメッキのリムが採用されることが多いですが、GBはキャストホイール。
ですがシンプルな構成なのでエンジンと同じブラックカラーというのもあって落ち着いた雰囲気に仕上がっています

シブさを感じさせる細かいパーツ


ヘッドライト、ウインカーはLEDを採用。

LEDのヘッドライトっていかにもLEDっぽいデザインになってしまうことが多いですが、GBは新しい感じの中に昔の丸型ヘッドライトを感じさせるようなさりげなさも。

テールランプはこんなシブい雰囲気ですが中身はLED

この形でLEDのテールを純正で採用しているバイクってかなり珍しいと思います。

個人的にグッと来たのがスイッチボックス
最近のバイクのスイッチはどれもプラスチックでスイッチがたくさんついている物が多いですが、GBは金属製でそれこそ昔のバイクと同じ雰囲気を感じさせます。

なのにボタン配置や種類は今のバイクなので細かいところにもこだわってレトロな雰囲気を醸し出していました

使い勝手抜群の装備


タンクはホンダのCBのようなファットな仕上がり。
縦ではなく中間から横に膨らんでいるマッスル感がかっこいい!

容量は15Lとロングツーリングでも安心の容量です。

シートはブラウンレザーで軽い段付きがあるシート。
ただ高さはあまり無く、タンク付近は細くなっているいるので足つき性は抜群でした。

適度な柔らかさもあるので座り心地も良好!

メーターはスピードのみでタコメーターはありません。

シンプルなレイアウトなので見やすく、機能的にも必要最低限のところはしっかり押さえています

次回、試乗インプレ!


ついに満を持して登場したGB350。
少し前から海外では登場しており、日本ではいつだろうと噂されていましたが、しっかり煮詰められた高い完成度で登場しました。

しかしここまで旧車っぽい雰囲気に統一されていて、それが現代らしいパーツとうまくマッチしているのがシビれるポイントでした。

ストリートバイクなら気になるのは乗り味。
次回は街中で試乗したインプレッションをお届けします!

次回記事:クラシカルだけど最新モデル!Honda GB350はスタイル、サウンド、乗りやすさどれも文句の付け所がないクオリティだった!

この記事をかいた人

佐藤 快アイコン

27歳MotoBe編集長。愛車はRA125、SR400、MHR、NSR250R(MC21)※組立中など大の旧車、2スト好きでもある。バイクに関するWeb記事、雑誌、ライトな写真撮影、脚本、イベントなど何でも編集屋さん。 関連記事:【バイクの魅力】バイクに乗り始めた理由は?「バイクがあれば色んな遊びができるから」ケース1(編集長)

関連記事一覧