新車35万で買えるフルカウルGPX デーモン150GRは誰でも乗れる入門編スポーツバイク!気になるところを一挙検証!

前回記事:GPXのフルカウルスポーツバイク「デーモン150GR」の実車は写真で見るよりずっといい!

GPX唯一のフルカウルスポーツバイク、デーモン150。
前回はそのスタイリングを紹介しましたが、今回はインプレ編!

ゴリゴリスポーティーな見た目ですが中身はどんなバイクなんでしょうか?

丁度いいサイズ感


デーモンは250フルカウルなどのいわゆるフルサイズよりも少しだけ小さいクラス。

グロムやモンキーなどのミニバイクと普通のバイクのちょうど中間に位置する大きさです。
男が乗ったらちょっと小さいかな?と思いましたが、実際乗ってみると案外丁度いいサイズ感

身長170cmの僕が乗ってこのサイズなので、ミニバイクってほど小さくはありません。

乗ってる側としても十分にコントロールできそうなのが感覚的にわかるので、例え初心者でもこれには安心感があるはず

慣れているライダーならともかく、この見た目でこのサイズ感のバイクは中々無いのでそれだけでもピッタリ当てはまるライダーは多いと思います!

思わず回しちゃうエンジン


デーモンのエンジンは150cc単気筒
決して大きな排気量ではありませんが、だからこそいい部分もあります。

スポーツバイクってのんびりトコトコ走るってより、高回転までガンガン回して元気よく走りたくなってしまうもの。
実際にはガンガン回したら法定速度なんて速攻で超えちゃうし、飛ばせば飛ばすほど危険な事が山のように増えてきます。

しかし、デーモンのエンジンは排気量が小さいこともありガンガン回して走れるエンジンなんです。

回したところで実際にはぶっ飛んで速いわけでもないし、回して走るというスポーツバイクならではのフィーリングが合法的に味わえるんです!

さすがに4速、5速でカチ回したら法定速度は超えちゃいますが、不意にガバっと加速するのがめっちゃ気持ちいい!

これで高速まで乗れちゃうので気持ちよさだけじゃなく、実用性も兼ねているのが凄いところ

速いバイクではありませんが、スポーツバイクの良さを肌で感じさせてくれる魅力的なフィーリングです。

コーナーが楽しみになる


スポーツバイクの魅力はエンジンだけでなくコーナリングの気持ちよさにもあります。

デーモンはこれまで紹介したGPXシリーズの中でも曲がる楽しさがピカイチでした。

前回のジェントルマンレーサーもいい足でしたが、どちらかと言うとある程度乗れる人が楽しさを開拓するバイク。
デーモンは初心者でもコーナリングを楽しく乗れるバイクなんです。

バイクを倒して曲がる事に恐怖を感じる初心者は多いですが、デーモンはそもそも車体サイズが小さく、倒して曲がっても恐怖感より楽しさのほうが強く感じます

なので乗れるライダーが本気で走ろうとすると正直ちょっと物足りない部分があります。

しかしこれを一台で両立させるのは実際には難しく、技術がなくても楽しく曲がれるマシンと本気で速いマシンは別物。
デーモンは技術がなくても楽しく曲がれる、走れる方のマシンでした。

デーモンでコーナーの魅力に目覚めたら最後、これまで直線番長だったライダーもクネクネ道が好きになるはず!

初心者でも最初から楽しめるスポーツバイクと呼ぶにふさわしい魅力がぎっしり詰まったバイクでした!

次回、女子夜ツーインプレ!

この見た目からしてすっげぇ速いのかな?!と思いがちなデーモンですが、意外にも初心者にも寄り添って走ってくれる性格
見た目で惚れる方はもちろん、試乗してみたら楽しくてハマった!というライダーも多そうな感じがします。

これで新車35万で買えてしまうのもアツいポイント!

次回は初心者女子ライダーがデーモンで夜ツーに出かけてリアルな目線でインプレしていきます!

デーモン150GRの詳しい情報はこちら!

取材協力:GPX千葉


今回バイクをお借りしたのはGPXが全て揃っているGPX千葉

実車の見学はもちろん試乗もできるのでお近くで気になっている方は是非一度行ってみてください!