• HOME
  • 記事
  • レポート
  • これからがアツいクラシックネイキッド!GPX レジェンド250ツインⅡはカスタムバイクの雰囲気漂うバーチカルツイン

これからがアツいクラシックネイキッド!GPX レジェンド250ツインⅡはカスタムバイクの雰囲気漂うバーチカルツイン

日本でも数々のバイクを販売しているタイのバイクメーカーGPX。

どのモデルもファッショナブルで中身もしっかりできているメーカーです。
おまけにリーズナブルに買えるというのも特徴の1つ。

今回はそんなGPXのクラシックネイキッド、レジェンド250ツインⅡをご紹介します!

シックで高級感あるスタイリング


クラシックな雰囲気をベースに足回りなどはスポーツ系のパーツで固められたレジェンド250ツインⅡ。
カスタムバイクのような雰囲気も感じさせます。

クラシックネイキッドはどこにおいても絵になりますね!

サイズ感は一般的な250と同じフルサイズクラス。
ですがフルサイズの中では小柄なので初心者の方や女性でも選びやすいサイズだと思います。

レジェンドは150ccもありますが、250ツインⅡは兄弟車になります。
【マチアソビ】GPX Legend150はこの身軽さがクセになる!散策ツーリングで150にしかないメリットを見つけた

エンジンは空冷2気筒250
これまで紹介してきたGPXはほぼ全て単気筒エンジンでしたが、レジェンド250ツインというだけあって名前の通り現状GPX唯一の2気筒エンジンです。

空冷2気筒エンジンの250って他社メーカーでも中々見なくなったレアな存在!
サウンドも他とは一味違い、純正でかなりいい音します。

普通の250クラスの音とは一味違うののはなんとなく伝わるはず!
純正マフラーですが低音がしっかり効いていて結構迫力あります

正確には同じ2気筒でも中身が少し違って普通の2気筒250は270度クランク、レジェンド250ツインは360度クランクという点火しているタイミングが違うためサウンドもフィーリングも違うんです。
バーチカルツインとも呼ばれています。

カスタムバイクのような豪華装備!


レジェンド250ツインはクラシックスタイルの250クラスでは珍しい倒立フロントフォークが採用されています。

全体の雰囲気はクラシカルですが、足回りは結構ゴツいのでスポーツ性能も期待できそう!

フロントはダブルディスク採用。
見た目通りかなりガッツリ効くので、制動力はピカイチです!

このスタイリングで前後17インチというのもちょっと珍しいポイント。
普通はこのスタイルだと前後18インチか、前19インチ後ろ18インチのことが多いのでハンドリングも変わってきます

リアサスペンションはノーマルでYSSのリアショックを採用。
これのおかげでカスタムバイク感が倍増しています。

フロントの倒立に引きを取らないスポーツテイストな仕上がりです!

細かい部分も抜かりなし!


LEDヘッドライトが印象的。
灯火類は全てLEDを採用しています。

明るさはもちろん、前から見たときの迫力も中々強烈です。

テールランプは丸形のLED。

レジェンド250ツインはテール周りがスッキリしているのでシンプルな丸形が似合ってます
ウインカーもLEDですが大きく主張してこないので後ろから見たときの収まりが良いんです。

メーターはシングルでシンプルなレイアウト
ですがスピード、タコ、ガソリンなど最低限欲しい機能が1つに詰め込まれています

こちらもLEDバックなので暗いところを走っていても見やすさ満点!

シートはフラットですが、細かいステッチが高級感際立たせてます
タンデム側のシートに沿ってタンデムバーも装備されています。

厚みも無いので座りやすく、足つきも良好。
硬さも適度で長距離でも疲れなそうです。

次回は試乗インプレ!

中々クオリティの高いレジェンド250ツイン。
これで新車50万切ってしまうというのはお買い得だと思います。

気になるのは走ってどんなもんなのか、ということで次回は試乗インプレ編をお届けします!

次回記事:バーチカルツインサウンドが心地良い!GPX レジェンド250ツインⅡは移動からツーリングで活躍してくれるクラシックネイキッド

レジェンド250ツインⅡの詳しい情報はこちら!

取材協力:GPX千葉


今回バイクをお借りしたのはGPXが全て揃っているGPX千葉

実車の見学はもちろん試乗もできるのでお近くで気になっている方は是非一度行ってみてください!

この記事をかいた人

佐藤 快アイコン

27歳MotoBe編集長。愛車はRA125、SR400、MHR、NSR250R(MC21)※組立中など大の旧車、2スト好きでもある。バイクに関するWeb記事、雑誌、ライトな写真撮影、脚本、イベントなど何でも編集屋さん。 関連記事:【バイクの魅力】バイクに乗り始めた理由は?「バイクがあれば色んな遊びができるから」ケース1(編集長)

関連記事一覧