• HOME
  • 記事
  • レポート
  • レンタルバイクでレース参戦可!GPX DEMON GR200Rはサーキットの魅力をピュアに味わえてワンメイクレースに出場できる!

レンタルバイクでレース参戦可!GPX DEMON GR200Rはサーキットの魅力をピュアに味わえてワンメイクレースに出場できる!

安く買えて完成度も高いというハイコスパなモデルが多いGPX。

これまではレトロネイキッドやカフェレーサースタイルのモデルが多かったですが、去年フルカウルスポーツモデルが登場しました。

実はそのDEMON GR200Rはサーキットでも活躍するバイク。
今回は公道モデルのデーモンとレーサーのデーモンをサーキットで試乗してみました!

公道モデルとレーサーを比較!


公道用デーモンGR200R(右)とレーサーのデーモン(左)。
ベースは一緒なので雰囲気は同じですが、ゼッケンがつくだけでレーサーらしさを感じます。

フルカウルはやっぱりこうでなくちゃ!というところをバッチリ押さえたスタイリングです!

レーサーの方はサイドスタンドではなくレーサースタンドなので車高が高く見えますが、下ろしたら同じ高さ。

公道用もかっこいいですが、ナンバーがなくフェンダーレスになっているレーサーは雰囲気マシマシです。

外から見える違いとしてはまずレーサーにはシングルシートが付いてます

レーサーならではのパーツですが、リアの引き締まり方が違いますね!

ステップはベビーフェイス製バックステップ

公道用よりもステップ位置が高く、バイクを倒せる角度が増しています

マフラーはTSUKIGIレーシング製がついてます。

爆音というほどではありませんが、単気筒らしい端切れの良いサウンド。
パワーも全域でしっかり上がっています!

レーサーの方はタイヤがダンロップのTT900を採用

他にもシート下にサブコントローラーが付いていたりと中身もちょいちょいイジられています。
このレーサー、なんとこのままパッケージで買えるんです。
お値段¥550,000-(税込み)、、、ってレーサーにしては安すぎない?※1笑(普通レーサーって新車で100万近くします)

これでもちろんサーキットを走ることができ、走行に必要な装備は全て揃ってます
公道用デーモンとレーサーそれぞれ乗り比べてみました!

※1 ノーマル部品付き/登録書類は1年後にお渡しします

公道もサーキットも楽しめる!


まずは公道用モデルのGR200Rから乗ってみました。
以前にも街や高速で乗っていたバイクなんですが、スポーツライディングも街中でのチョイノリも幅広く楽しめるバイクでした。
関連記事:新車47万で買えるフルカウル、GPX DEMON GR200Rってどんなバイク?レベル別に様々なライダーが乗ってみた感想

サーキットでもその楽しさは健在!

特に変なクセもなく、倒せばグイグイ曲がってくれるマシンなのでピュアにスポーツライディングを楽しむことができます。

スポーツライディングとかしたことない!という方でも最初から馴染みやすい性格だと思います!

コーナリング中の安定感も高いので高速コーナーも低速コーナーも安心して走れます。

結構攻めた速度で突っ込んでもこの安定感が消えないのは凄い!

しかし流石に公道用なのでサーキットレベルで攻めすぎるとステップが擦ったり、もう一声倒したい!という場面も。

そのためのレーサーなんですが、同じマシンで街乗りもサーキットも楽しめるって凄いバランス良く作られたマシンだと思います!

レーサーはやっぱり一味違う


お次はレーシングモデル。
まず音がめっちゃ気持ちいい…!!

爆音ではなく適度な音量ですが、耳心地のいいサウンドです。
同時にパワーも上がってるので公道モデルじゃパワー不足を感じたところでも余裕の吹け上がり!

足回りは基本変わっていませんが、ステップが変わっているおかげでバンク角がしっかり確保されています。

公道モデルじゃ倒しきれなかったところもお膝スリスリできる…!!

タイヤも変わっているのでその点安定感、安心感は更に増してました
相当変なことしない限りスリップするようなことはありません。

仮に滑ったとしても急にステーン!と滑らず、ガガガと滑ってるのがわかるくらいなので全然安心。

レーサーってやっぱ考えられてる分すげえ乗りやすいし楽しいなぁ…!と改めて感動。

もちろんこのまま公道に持っていったら公道用モデルのほうが乗りやすいと思いますが、サーキットという限定的な場所ではレーサーのほうが圧倒的に楽しめました!

レンタルバイクでレース参戦できる!


GPXではこのレーサーをレンタルバイクとして貸し出し、レースに参戦することができるんです!
レンタルバイクでレースって新しすぎない?!

買うこともできれば借りることもできるという斬新なシステムなんです。
●レンタルバイクで参戦できるレース
・SS キラーズ(桶川スポーツランド)
 5月30日(日)/7月25日(日) /9月12日(日) /11月14日(日)
・ツイントロフィー(鈴鹿ツインサーキット)
 8月22日(日)/10月9日(土)
・スーパーサンデーフェスタ(SPA 直入)
 4月11日(日)/7月25日(日) /10月3日(日) /11月7日(日)/11月21日(日)5時間耐久レース

●参戦ライダーの資格
・開催サーキットのルールに準じ、必要なライセンス取得者
・年齢はサーキット施設、または主催者の基準による
・モータースポーツ愛好者であり、常に紳士的な行動をとれる人

●その他概要
・レンタルフィー:1万円から2万円 (エントリーフィーとは別)
・転倒補修費として5万円のデポジットをツキギレーシングに預けて頂きます。レース後、無転倒の場合はすぐに返却致します。転倒した場合はパーツ代などを差し引いて、1週間前後で残金を返却致します。補修費が5万円を超える転倒の場合は、ツキギレーシングと相談となります。

もちろん超ビギナーがいきなり行って参戦できる、というわけではなくある程度バイクに乗れてサーキット経験のあるライダーですが、こういう機会があるだけでもすごい話。
いつかはレース出てみたい!と夢見るライダーをGPXが応援してくれます!

レンタルバイクでのレース参戦について、興味がある方は下記までお問い合わせください!

レースについて:(株)オフィスとらくしょん GPX チャレンジカップ事務局 Tel:03-5395-0616
車両について:(有)月木レーシング Tel:072-447-1150

この記事をかいた人

佐藤 快アイコン

27歳MotoBe編集長。愛車はRA125、SR400、MHR、NSR250R(MC21)※組立中など大の旧車、2スト好きでもある。バイクに関するWeb記事、雑誌、ライトな写真撮影、脚本、イベントなど何でも編集屋さん。 関連記事:【バイクの魅力】バイクに乗り始めた理由は?「バイクがあれば色んな遊びができるから」ケース1(編集長)

関連記事一覧