【先進的】ついに250が登場!ハスクバーナから発表されたSVARTPILEN250/VITPILEN250の未来感が凄い

オフ車に詳しい方なら知っているハスクバーナ。
これまではオフメインでしたが、最近ロードモデルも続々登場しています。

中でも注目を集めたのがVITPILEN(ヴィットピレン)とSVARTPILEN(スヴァルトピレン)シリーズ。

400〜700ccしか無かったのですが、今回250クラスが登場しました!

ストリート映え抜群


こちらが今回新しく発表されたVITPILEN250(ヴィットピレン/左)とSVARTPILEN250(スヴァルトピレン/右)。

この未来的とも言える独特なデザインが両モデルの特徴。
ヴィットピレンは純粋なオンロードモデル、スヴァルトピレンはオフロードテイストも入ったモデルです。

このゴツさと丸さが上手く合わさったデザインは他で似てる車種が無いほど特徴的ですよね!

東京タワーみたいなこのフレーム(トレリスフレーム)も外車っぽさを感じるかっこいい部分の一つ。

極めつけはこのタンクのカクカク感。
側面は丸いのにここに来たら急にカクカクするギャップがたまらない…!

キャリアがついてるようですが、2020年強そうなタンクランキング1位だと思います(勝手にランキング)

現在KTM傘下のハスクバーナ。
今回のモデルもベースはKTMのデューク250となっています。

デュークはライダーからの評価が高く、街中でも普通に見かけるバイクなので、それがベースとなっているぶん性能にも期待できそうです。

灯火類はLED、足回りもWP製倒立フォークにリアサスと結構豪華な装備

ジャンルで分けるならネイキッドかもしれませんが、最近他のメーカーを見てもこういうストリートバイクってあんまり出てません。
いわば現代の最新ストリートバイクに位置付くのかも?!

オフテイストも!


スヴァルトピレンはアップハンドルにブロックパターンのタイヤを採用しているので、多少のオフロードも走れるというスクランブラー的なテイストも。

ツーリングの途中で見つけた小道に入って冒険してみる、なんてバイクライフも楽しそうですよね!
オフロードでも強いハスクバーナだからこそスヴァルトピレンのオフ部分にも期待できそうです!

外車だけど価格は普通!


外車って高いイメージありますが、最近のモデルはそうでもありません。
スヴァルトピレン250は税込み599,000円と普通の国産モデルと大体同じ価格帯というのもアツいポイント。

パット見80万とかそれ以上のクラスっぽく見えますが、250らしい価格でこれに乗れるのは嬉しい所!

白か黒で選ぶ2モデル

今回の2モデル、どちらも1カラーのみとなっていて白と黒で別れています。

SVARTPILEN250

VITPILEN250

まとめ

発売日はスヴァルトピレンが2020年4月を予定、ヴィットピレンの発売日は発表されていません。

外車の場合特にですが、かっこいいバイクってどれも大型クラスのみが大半
まぁ250の需要があるのはアジア圏だけなのでヨーロッパメーカーは仕方ありませんが、そんな中ハスクが歩み寄ってきてくれて今回のモデルが登場したわけです。

初めてバイクに乗る方でも親しみやすいモデルとなっているので気になった方は是非チェックしてみてください!

SVARTPILEN250の詳しい情報はこちら!