【斬新】250の本格スクランブラーFantic Scrambler250は見た目とのギャップがある?乗ってこそ楽しいバイクだった!

関連記事:【妥協無】250の本格スクランブラーFantic Scrambler250は外車だからこそ出せる高級スタイルだった!

先日デビューしたばかりのFantic Scrambler。
今回は250をお借りして乗り回してきました。

前回はスタイリング編でしたが、今回は乗ってみてどうなのかインプレッションしていきます!

見かけによらず激しい?!


スクランブラーの始まりってロードバイクをオフでも走れるようにしたのが最初なので、有名所で言うとSR400とか古いトライアンフとか、そういうのが原型。
しかしファンティックスクランブラーはもっと現代的でエンジンも水冷。

今の乗り味と性能を持ったスクランブラーなんです。

見た目ではそこまで激しそうな感じはしませんが、いざ乗ってみると中々のギャップ!
オンロードバイクとかじゃありません、エンジンのフィーリングはまんまオフロードバイクです。

さすがオフの世界で名が知れているメーカーとだけあって、レスポンスも凄いし加速感も250以上あるんじゃないかってくらい!

そんなエンジンにガッチリとしたオンロードバイク的足回りがついているのでめちゃくちゃアグレッシブな走りが楽しい
見た目からは全く想像できない乗り味なんです。

でもこの見た目でこの走りができるのって250のバイクとしては結構新しいかもしれません。

大型バイクだとこういうキャラのバイクはありますが、250クラスってもっと普通というか、中には原付きと変わらないテンションで乗れちゃう250もあるくらいなんです。
それに比べてこのバイクは結構攻めてる…。

バイクを操る楽しさが満載に詰め込まれてます!

こんなフィーリング!


本当は皆さん全員に乗って体感して欲しいくらいなんですが、参考材料としてエンジンフィーリングがわかる動画を撮ってきました。

スロットルを開けた瞬間に「ビュンッ!!」と回っていくこの感じはまるでレーサーモデルの雰囲気も感じるくらい。
純正のARROWマフラーもいい音させてます!

※風切り音すごくてすいません…。排気音はしっかり聞こえます。

激しいけど街でも乗れる


激しいフィーリング、というと街乗りできなそうなイメージがありますが、ファンティックスクランブラーの激しさってそういうのじゃありません。

吹け上がりこそ激しいですが低回転からパワーがあるので上のギアで繋いでしまえばゆっくり巡航も問題無くできました

街での乗りやすさは足回りがしっかりしてるところにもあります。
良く動く足ですが、オフロードバイクのような柔らかい感じではないので高速でも低速でも安定してライダーを支えてくれます

オフロード要素の強い幅広ハンドルなので、オフに乗り慣れてる僕としては普通の250以上にコントロールしやすくポジションも楽でした。

渋滞とかとなると流石にちょっとだけ乗りにくさは感じるフィーリングでしたが、ただ走ってるだけでこんなに気持ちいい!と思えるなら気にならないかもしれません。

それくらい新鮮な乗り味のバイクだし、これが好きになるライダーは多いと思います

今回時間の関係でオフロードを走れなかったのが非常に残念!
ただ乗った感覚だけで言えばモトクロスコースとかじゃなくて林道やアドベンチャーなどのトレッキングは絶対楽しい!
次回は是非オフも走ってみようと思います。

まとめ

想像以上にバイクとして面白いファンティックスクランブラー。
スタイルも良くてキャラも同じくらい濃いので、ずっと楽に乗れるバイクとはまたちょっと違いますが、それを考慮しても「乗ってて面白いバイク」でした。

ファンティックでは今回紹介したスクランブラー以外にもフラットトラックやオフロードタイプもあるので気になった方はそちらも見てみてください!
こんな250を待ってた!というライダーも多いと思いますよ!
FANTIC CABALLEROの詳しい情報はこちら!

※ハンドガードは純正ではありません。タイヤも純正ではない物を装着した車両を撮影しています。

ABOUTこの記事をかいた人

佐藤 快アイコン

25歳MotoBe編集長。愛車はNSR250R(MC21)※組立中、RA125、SR400など大の2ストローク、旧車好きでもある。バイクに関するWeb記事、雑誌、ライトな写真撮影、脚本、イベントなど何でも編集屋さん。