【来日】カスタムビルダーが作る注目のお手頃125・250「MUTT Motorcycle」が日本でも発売される!

カスタムバイクってメーカー純正、もしくは中古車を買ってから自分でカスタム、あるいはお店でカスタムしてもらうパターンと、お店が作ったカスタム車を買うパターンとあると思います。

しかし来年日本にやってくるMUTT Motorcycleはカスタムビルダーが作った新車!

125と250のラインナップでかなり期待できそうなバイクなんです!

マットモーターサイクルとは?


マットモーターサイクルはカスタムの世界では名が知れたビルダー
そんな彼らが考えたのはもっと身近に、安く乗れるカスタムバイク

実際カスタムバイクってむちゃくちゃ高いじゃないですか!

結構手が入ったバイクは一台100万なんて当たり前の世界。

このスタイルでもっと気軽に乗れて、安くて、ビンテージバイク的なフィーリングがあったら…!
こうした考えで生まれたのがマットモーターサイクルなんです。

125には見えないスタイル


こちらはMongrel125というマットのバイク。
この見た目でスタンダードですよ?!

もちろん好みはありますが、日本のメーカーじゃまず見ないスタイルですよね。

お店に「このバイクカスタムしてください!」と言ったら完成がこれだった、と言われても何の違和感もありません。

ヘッドライトは敢えてのハロゲン、ガードが付いているのもカッコイイ!

エンジンは空冷125ccでスズキのGN125がベースになっているとか。
もちろんユーロ4も通ってます。

インジェクションなのでビンテージバイク特有の苦労もなく、まさにお手軽に乗れる仕様です。

真っ黒な車体にこの色のシートというチョイスもイカしてます。

テールはLED仕様です。

125は他にも車種様々!


基本どのマシンもベースは同じですが、カスタムの方向や色によって車種が分かれています

上のMongrel125はオンロードでしたが、オフロードテイストにカスタムされたRS-13という車種も。

タンクが派手にグラフィックに、足回りやフェンダーがビカビカになったSUPER4という車種もあります。
旧車テイスト強めですね!

こんな感じでカスタムによって同じバイクでもそれぞれの方向へ振ることでスタイルを変えてしまうあたり、さすがカスタムビルダーと言った感じ。

250もラインナップ


125だけでなく、人気の250クラスもラインナップされています。

スタイルは125の車種と同様ですが、ベースがスズキのST250に。

ただやっぱりカスタムのプロが作っているのでそこらのカスタムバイクとはクオリティが違いますね!

ここまでしっかり作ってあって、しかも新車として乗れるなら中古のカスタムバイクより結果的に安く上がるかもしれません。

まとめ

発売は2019年の4月頃を予定しており、価格などはまだ発表されていません。

歴史ある国産メーカーが作るバイクももちろんいいですが、今回のようなバイクはまた別のところに魅力があるもの。

マットモーターサイクルはバイク以外にもアパレルも展開していくみたいなのでそちらの方にも期待できそうです!

マットモーターサイクルの詳しい情報はこちら!

@muttmotorcycles.japan

ABOUTこの記事をかいた人

佐藤 快アイコン

24歳MotoBe編集長。愛車はNSR250R(MC21)※組立中、RA125、など大の2ストローク、旧車好きでもある。バイクに関するWeb記事、雑誌、ライトな写真撮影、脚本など何でも編集屋さん。