• HOME
  • 記事
  • ファッション
  • おしゃれなライダーは手元から!エイジオブグローリー ビクトリー&ローバーは使い勝手抜群のバイク用ファッショングローブ

おしゃれなライダーは手元から!エイジオブグローリー ビクトリー&ローバーは使い勝手抜群のバイク用ファッショングローブ

グローブはライダーの運転サポートと万が一のときに守ってくれる大事な装備。

しかしバイク用グローブにも様々な種類があります。

今回ご紹介するのは古き良き時代のスタイルを現代に持ち込んだエイジオブグローリーのグローブ。
ファッション的にも、使い勝手的にもおすすめできるグローブです!

ビンテージな風合い

ローバー ビンテージイエロー


エイジオブグローリーのグローブは現状2モデル。
まずはローバーのビンテージ感漂うイエローカラーです。

70年代のモトクロスなどでも使われていた当時の雰囲気を現代で再現しています。

新品の状態ですが、すでにビンテージ感があるのはブラウンワックス仕上げのため。

グローブが完成して最後に職人が手作業でワックスを塗り込んでいるため、新品の状態から既に風合いが出来上がっています
使い込んでいくとよりワックスが馴染んでくるので、更に雰囲気が増していきます!

手を通してみたときの印象は見た目よりも柔らかめ
写真などでは厚手に見えるかもしれませんが、レザー特有のゴツゴツ感は一切なく、かなりしなやかに動いてくれます

手のひら側は耐久性の高いレザーが張ってあり、ゴムパッドが内蔵

親指部分はパンチングレザーになっていて適度に通気してくれるため、春夏に一番心地よく使えるグローブ

レザーの厚みも0.8mmなので寒い時期は厳しいですが、ちょっと肌寒いくらいから真夏日まで使えています。

ビクトリー ブラック/イエロー


もう一つのモデルはビクトリー
ローバー以上にビンテージモトクロステイストがより強く出ているモデルです。

全体的にパンチングレザーになっていて、関節部分は蛇腹状で動かしやすい仕様に。

手のひら側はローバー同様にレザーが重なっていて耐久性をもたせています。
ゴムパッドも内蔵されていますが、レザーに覆われているので手を通してみないとわかりません。

ビクトリーも職人が手作業で無色のワックスを塗り込んで仕上げています

オフから街まで使い勝手抜群!


一足先にローバーとビクトリーを3ヶ月ほど使ってみました。
まずはオンロードメインで使ったローバーから。

最初グローブだけ黄色いのが目立ちそうでコーデを迷いましたが、いざ見てみるとグローブは小さいのでアクセントカラーになってうまく全体を引き締めてくれます

プラスチックなど硬い素材のプロテクターは入っていないのでかなりラフに使うことができます。
何よりしなやかに動くレザーなので操作のしやすさは抜群!

エイジオブグローリーは70年代の雰囲気がメインのブランドなので最近のバイクとは相性どうなのか気になってましたが、しっかりかっこよくまとめてくれました!
ファッション的にも良し、使い勝手も良しなので、街中での移動や通勤などバイクに乗る回数が多い方にもおすすめできます。

ビクトリーはモトクロスで使ってみました。
オフで使うと雰囲気2倍増しでめちゃくちゃかっこいい!

ビクトリーの黄色いラインが程よく主張してきてビンテージな雰囲気を作ってくれます

個人的にはビクトリーのほうがレザーが柔らかく、ハンドルのグリップが吸い付いてくるように感じるほど無駄な力が必要無く乗れるようになったと思います。
微妙なクラッチ操作もブレーキのタッチもつかみやすいので見た目だけじゃなくしっかり使いやすいグローブです。

プロテクターが入っていない分本気のスポーツ走行はちょっと怖いかなと思ってましたが、ここまで使いやすいとどんどん本気になってきちゃいます…。

そして本気走りで転倒すること数十回、グローブのせいではなく技術的な問題なんですが、ビクトリーがしっかり助けてくれました。

コーナーでコケて手のひらを地面について擦れたこともありましたがビクトリーも僕の手も無傷
後日フラットトラックでもビクトリーを使ってコケてましたが、未だ一度も(手は)怪我してません。

一般的なバイク用グローブに比べてファッション性が強いエイジオブグローリーのグローブ2種。
それぞれにしっかりキャラがあって見た目はビンテージ、機能もしっかりしてます。

これが本当に70年代に作られたビンテージグローブだったら見た目は良くても機能が追いついてこないでしょう。

機能てんこ盛りのハイスペックグローブとは全く違うジャンルですが、これはこれで使いやすくオフユーザーはもちろん、オンユーザーにもおすすめできるグローブでした!

エイジオブグローリー ローディーの詳しい情報はこちら!

エイジオブグローリー ビクトリーの詳しい情報はこちら!

この記事をかいた人

佐藤 快アイコン

27歳MotoBe編集長。愛車はRA125、SR400、MHR、NSR250R(MC21)※組立中など大の旧車、2スト好きでもある。バイクに関するWeb記事、雑誌、ライトな写真撮影、脚本、イベントなど何でも編集屋さん。 関連記事:【バイクの魅力】バイクに乗り始めた理由は?「バイクがあれば色んな遊びができるから」ケース1(編集長)

関連記事一覧