【連載企画始動!!】初心者ライダーのオサ(21)は果たしてレースデビューできるのか!?

21歳のオサはバイク大好き。いつかレースに出たいと思ってツナギを買ってしまった。そんなに出たいならMotoBeレーシングチームから出場させてあげよう、っていうのがこの企画。

でもレースに出たことはないし、サーキットも走ったことがない。そもそも確認したらツナギは買ったけどブーツがまだないらしい。レースは8月30日。もう一ヶ月切ってしまった。焦りまくるオサ。

そんなオサを皆さんで助けてあげていただけないだろうか?
オサはここから分からないことをツィッター(@hornet250_osa)でつぶやく。

皆さんからの返信だけを頼りにしてバイクを作ったりサーキットを走ったりしていく。残り時間はわずか。サラリーマン一年生のオサは休みもまともに取れない。この無謀なチャレンジは果たして成功するのか? オサが無事にレースデビューできるかどうか、それは皆さんからの返信しだい。

どうか、何も知らないオサを皆さんの愛の手でレースデビューさせてやってください。

以下、オサ本人のレポート
バイクが大好きな俺は1年半前にホーネット250に乗り始めた。峠にどハマりして、今ではオフ車や2ストにも興味深々。

7月後半、オフ車で遊び疲れて後藤さん(MotoBeアドバイザー)の車の中でウトウトしてたんだけど「俺と快今度、筑波サーキットのレースに出るよ。」
後藤さんの言った一言で俺の眠気は吹っ飛んだ。
「俺も出れるの⁉︎」ここぞとばかりに食いついた。峠ばっかり走っていた俺にとっては念願のサーキット。
しかもレースとなってはこのチャンス絶対逃さない。
奇跡的に先月の給料で買った革ツナギ(だけ)がある。
話はすごいスピードで進んでいき、俺はレースに出れることになった。
だが、ここでいろんな壁が立ち塞がる。聞けばレースに出るにはいつものホーネットではダメらしい。
保安部品を取り外すやら、ワイヤーロックやら、いろんな単語が右耳から左耳に抜けていく。気がつけば両手に収まりきらないほどやることがあることがわかった。
けど何から始めるかはサッパリわからない。
レースまで3週間しかないのに仕事があるため土日しか動けない。
圧倒的に時間が足りない。
後藤さんに電話しても声がデカくてよくわからないし、快はLINEしても既読がつかないし、こうなったら全部自分でやってやる。
まずは新しいタイヤ探しからだ!と意気込んでいた時に快からの電話
「レース出るには数時間サーキットで練習しなきゃ出れないよ」
やることはさらに山積みになってきた。