【興奮】SWM RS125R FACTORYは125の域を超えたフルサイズオフ車!オフロードでも公道でも走れる理想の125オフだった!

前回記事:【興奮】SWM RS125R FACTORYは125の域を超えたフルサイズオフ車!最初からイイもので仕上げられた圧巻のスタイル!

SWMのフルサイズオフロードモデル、RS125R FACTORY。

前回はスタイリングを紹介しましたが、今回は乗ってみてどうなのか?!
最新の125オフってこんなに凄いんです!

乗ってすぐわかる本格感


乗ってみて最初に思った印象は、見た目ほどずば抜けて速くはないということ。
ここまでいかついスタイルでも125オフの特権「手のひらに収まるパワー感」は健在でした。

しかしエンジンは結構回ってくれるので程よく元気に走れます。

このバイク、ミッションも注目してほしいポイント。
1速から4速くらいまで中々のクロス具合です。

クロスミッションとは、簡単に言うと各ギア比が普通よりも近いギアで組まれたミッション
普通のバイクではシフトアップしていくにつれ、どんどん高速寄りになっていきますが、クロスミッションは2速の吹け方と3速の吹け方がほぼ一緒のため、エンジンの一番の美味しい回転数を使いやすくなるんです(パワーバンドってやつ)。

これを純正でやってるバイクって無くはありませんが、今ではかなり希少。
本格的なマシンでしかやってません。

それくらいRS125Rは本気な125オフなんです!

シート高はやはり高い


身長170cm、足短い系ライダーの僕が乗ってこんな感じ。
両足はちょっとだけ足りず、片足のつま先で支えられるくらいの高さ

オフ車慣れしている方なら「高いなぁ」くらいだと思いますが、オフ初心者は最初相当ビビると思います。

ただ、高くても乗れないレベルの高さじゃないんです。
モトクロッサーの250とかは頑張っても片足さえ付かないくらい高いモデルもあります。

コースを走ることだけを考えれば足つき性なんていらないわけだし、SWMはその絶妙なラインです。

抜群の安定感


これは初めての感覚だったんですが、このバイク何故か悪路の上でも抜群の安定感があります。
普通車高が高くてそこそこパワーのあるバイクって激しい動きをした時にコケそうになったり、コーナーの侵入脱出で滑りそうになることも。

RS125Rも滑るところは滑るんですが、比べ物にならないくらい怖くないんです。

サスペンションの性能やポジション、エンジンの吹け方など安定感を感じる要因は沢山ありますが、確実に言えるのは全て高い次元でバランスが取れていること。

ライダーが思ったときにだけ激しく走り、それ以外はバイクが意思に反して飛び出てしまうようなこともありませんでした。
「激しく走ってなんぼ!!」みたいな見た目なのにギャップが凄い…

意外にもライダーに寄り添って走ってくれる優しいやつですよ!!

これでナンバー付きだから凄い


RS125Rは公道車なので、オフを走れると同時に公道も走れます。
シティな感じと対局にある刺々しいスタイルのコントラストがまたかっこいいんですよね…!

色のせいなのか、街中でも結構目立った存在でした。

公道となると足付きは無視できない部分ですが、スニーカーで乗っても片足なら全然支えられます

バイク自体が軽いので一週間くらい乗り回しましたが、信号の度に止まってもそこまでストレスは感じませんでした。

まとめ

125ってまだまだ開拓できそうなクラスですが、今回のような性格のオフ車って他では見ないキャラかも知れません。

公道メインすぎてオフはもうひと声なのか、逆にオフに本格的すぎて公道がキツイのか、どっちもどっちですがRS125Rはそのちょうど間

初心者にオススメ!とまでは行きませんが、オフ中級者以上のライダーは相当楽しめるマシンだと思います。

SWMではこのエンジンを積んだ125スクランブラーなども出ているので、要注目です!

SWM RS125R FACTORYの詳しい情報はこちら!