【カラー刷新!】Kawasaki「Z125 PRO」2017年モデルとSEモデルの特別感が凄い

ここ数年で、125ccクラスのラインナップはかなり充実したように感じます。

若者が50ccクラスからのステップアップで選びやすいことはもちろん、維持費の安さなどからベテランライダーたちのセカンドバイクとしても人気が出てきたのでしょう。

軽量コンパクトなスポーツネイキッドバイクとして昨年登場した、カワサキのZ125 PROが、新たに2017年モデルとスペシャルエディションが発表されました。

カラーリング刷新

街中で扱いやすいトルクフルな空冷125ccエンジンと、前後ともに12インチのホイールを持つZ125 PROは、カワサキらしい気合と、クラスを超えたスポーツバイクのテイストが感じられる1台です。

筆者が以前に試乗した際にも、最高出力9.7ps、最大トルクは9.6N・mを発揮するエンジンはとても力強く、キビキビ走れる乗り心地がとても好印象でした。

また、車体も想像していた以上に大柄で、試乗中にはまるで250ccクラスのバイクに乗っている感覚に近いものを感じました。

スーパーネイキッド「Z」シリーズの名を語るにふさわしい、アグレッシブでシャープなデザインはそのままに、2017年モデルではカラーリングを刷新しました。

新色の「メタリックカレッジグレー」は、2016年モデルよりもミリタリーテイストを強めた色で、新たな方向性を示すコンセプトカラーにも感じられます。

パワーや足回りについては変更が無いとのことですので、125ccクラスらしい燃費の良さと、スパルタンなオンロード性能は今後とも楽しめそうです。

スペシャルエディション追加

2017年モデルから、スぺシャルエディションが追加されます。

専用色の「キャンディプラズマブルーxメタリックスパークブラック」は往年のZRXシリーズやZの上位車種をも彷彿させるカラーリング。

また、こちらのモデルのみ、フロントフォークアウターチューブに「ゴールドアルマイト」が採用されたとのこと。

スタンダードモデルも含め、7.4Lの大容量タンクと「ギヤポジションインジケーター」が装備されているので、街乗りが快適なシティーコミューターとしてはもちろん、Z125 PROはツーリングも快適に楽しめそうです。

まとめ。

Zシリーズの最小、最軽量モデルでありながら、クラスを超えたスパルタンなオンロードバイクとして定評のZ125 PRO。

2017年モデルはカラーリングの変更のみですが、味わい深い色が採用されたことが好印象です。
スペシャルエディションも含め、ますます目が離せない1台ですね。

ABOUTこの記事をかいた人

張山 和希アイコン

北東北を中心にツーリングをし、紀行文やバイク小説を細々と執筆している。 八重洲出版モーターサイクリスト誌の連載をきっかけにライター活動を始めた。 オンロードだけでなく、林道ツーリングやオートバイキャンプなど、色々やっている。 愛車はカワサキW800。