• HOME
  • 記事
  • ファッション
  • 【高級編】カジュアルなフルフェイスヘルメットは普通のバイクもおしゃれに見せるファッションアイテム

【高級編】カジュアルなフルフェイスヘルメットは普通のバイクもおしゃれに見せるファッションアイテム

前回記事:【お手頃価格編】カジュアルなフルフェイスヘルメットはバイクをおしゃれに見せるファッションアイテム

バイクに乗る上で必需品のヘルメットですが種類は様々。
前回に続き、今回も普通のフルフェイスとは一味違ったおしゃれなカジュアルフルフェイスをご紹介していきます!

今回は値段も高いけどクオリティも高い、高級編です!

高級カジュアルフルフェイス

SHOEI Glamster


¥43,000〜(税抜)
昨年発売されたばかりのネオクラシックフルフェイスがこちら。
グラムスターはSHOEIがデザインと機能を両立させるためにこだわり抜いたレトロフォルムなフルフェイス

しかし中身は最新で走行風をヘルメット内部に通すベンチレーションはもちろん、シールドには曇り止めのピンロックシールドを装着することができます。

万が一の際にヘルメットを簡単に取り外すことができるSHOEIのE.Q.R.Sシステムを採用するなど、とても見た目からは想像できないほどハイテクなヘルメットなんです。

一流メーカーが作っているだけあって値段も一級品レベルですが、クオリティは間違いないカジュアルフルフェイスです。
SHOEI Glamster
関連記事:SHOEIから新型ネオクラヘルメット「Glamster」登場!デザインもだけど中身もしっかり高機能?!

SHOEI EX-ZERO


¥38,000〜(税抜)
こちらもSHOEIから発売されているオフロードスタイルのネオクラシックヘルメット。
グラムスターと同じベンチレーション機能はもちろん、シェル(帽体)内部に収納されたインナーシールドなども特徴的

オフロードスタイルですが、オンロードで使っても違和感のないフルフェイスです。

こちらも様々なグラフィックやオプションでバイザーなども発売されていてバイクに合わせて選ぶことができます。

ネオククラシックヘルメットの走りと言っても良い、今の流行を引っ張ってきたフルフェイスです。
SHOEI EX-ZERO
関連記事:スタイルも中身も一流!SHOEI EX-ZEROはストリート映え抜群のおしゃれメットだった!

Arai ラパイド・ネオ


¥46,000〜(税抜)
国産メーカーのアライヘルメットからもネオクラシックフルフェイスが発売されています。
今回の中では一番普通のフルフェイスに近い形ですが、細かいフォルムやスリッドがレトロな雰囲気を彷彿とさせます。

ベンチレーション機能はもちろん、保護性能も一級品

グラフィックも様々ラインナップされていて、無難な無地から思わず二度見してしまうような激しいグラフィックも。

値段も一級品レベルですが、デザインと性能をしっかり両立させたカジュアルフルフェイスです。
Arai ラパイド・ネオ
関連記事:【ネオクラ】Arai ラパイド・ネオは渋いけど新しい、デザインと機能の融合させた次世代おしゃれメット!

AGV LEGENDS X3000


¥48,000〜(税抜)
イタリアのヘルメットメーカーAGVからもネオクラシックなヘルメットが発売されています。
レジェンドは70年〜80年代に活躍したレーサーのヘルメットを現代の技術で復刻したヘルメット

ネオクラシックというだけあってベンチレーション機能など最新の技術も詰め込まれています。

当時活躍したレーサーのグラフィックがそのまま現代でも販売されているので、過去のレースに影響を受けた方も、グラフィックに惚れ込んだ現代の若いライダーなど、幅広く愛されているヘルメットです。
AGV LEGENDS X3000
関連記事:【激渋】AGVから登場した「AGV LEGENDS」が見た目は70年代なのに性能は最新の激アツ仕様だった!

SIMPSON SB13


¥48,000〜(税抜)
特徴的な形のヘルメットで知られているシンプソン。
ネオクラシックではありませんが、普通のヘルメットよりカジュアルなスタイルのフルフェイスもあります。

バイク用のヘルメットでこんなデザインあるんだ!と驚いてしまうのがシンプソンのヘルメット
バイクの車種に関係なく幅広いライダーを虜にしているヘルメットです。
SIMPSON SB13

SIMPSON M50


¥41,400〜(税抜)
シンプソンからはオンロードだけでなくオフロードデザインのヘルメットも発売されています。
アゴ部分のデザインが独特で被った時のスタイリングは唯一無二

バイザーを付けてオフも良し、バイザーを外してゴーグルと合わせてオンロードでも良しと独特なスタイルのわりに意外となんでも合わせやすいフルフェイスです。
SIMPSON M50

まとめ

名前が知れているメーカーのヘルメットはやはり4万以上が相場となります。
しかし4万というのはベースが4万でグラフィックモデルなどは更に上…。

ヘルメットってこんなにするの?!と驚いてしまう値段のヘルメットもありますが、名前が知れているメーカーとだけあってクオリティも高いので被ってみると値段相応だな、と思うはず。

今はちょうどヘルメットの世界にもカジュアル、ネオクラシックの流れがきているので今後も新しいヘルメットが登場するかもしれません。
保護性能も大切ですが、それだけでなくファッションという意味でも自分の好みに合うヘルメットを探してみてください!

この記事をかいた人

佐藤 快アイコン

27歳MotoBe編集長。愛車はRA125、SR400、MHR、NSR250R(MC21)※組立中など大の旧車、2スト好きでもある。バイクに関するWeb記事、雑誌、ライトな写真撮影、脚本、イベントなど何でも編集屋さん。 関連記事:【バイクの魅力】バイクに乗り始めた理由は?「バイクがあれば色んな遊びができるから」ケース1(編集長)

関連記事一覧