• HOME
  • 記事
  • レポート
  • 【125オン】本気の現代125ってやっぱスゴイ!SUZUKI GSX-R125は今までの概念を覆すかっこよさ!

【125オン】本気の現代125ってやっぱスゴイ!SUZUKI GSX-R125は今までの概念を覆すかっこよさ!

最近市場が潤ってきた125MTシリーズ。
スズキから登場したGSX-R125は”あの”GSX-Rの名がついてるとだけあって超注目マシン。

最新の125って実際どんなもんなんでしょうか?!

フルカウルスポーツの125


125でフルカウルって中々ありませんが、GSX-Rは超本気のフルカウル

125だからって中途半端な感じはしませんでした。
並の250以上にしっかりしてるんじゃないでしょうか?

細かいところのデザインもしっかり作りこんであって、高級感さえ感じるくらい。
正直125の安めのバイクだと思ってナメていたので、実車を見た時はかなり驚かされました…。

ヘッド、テールライトのデザインが特徴的で、リッタークラスのGSX-Rの雰囲気をしっかり受け継いでる印象。

ナンバーがあるから125だとわかりますが、これ大型のナンバーつけても全く違和感感じなくないですか?!

街で走ってたら思わず振り返ってしまうような迫力あるデザインです。

装備も結構本気!


エンジンは水冷125cc単気筒エンジン。

フルカウル車ってエンジンがほとんど隠れてるバイクが多いですが、GSX-Rのこのチラ見せ感、エロい。

ABS付きで制動力は抜群。

見た目若干頼りない感じもするフロント周りですが、ライトウェイトスポーツとしてはちょうどいい感じでしょう。

一番驚いたのがハンドルの位置!!
トップブリッジの下に着いてるんです。
昔のスポーツバイクだと結構ありましたが、現行車でトップブリッジ下にハンドルが付いているのはHondaのCBR250RRとコレくらいでしょう!(外車除く)

しかも結構絞ってあって、さすがはGSX-Rと言うだけあるな、って感じがします。
メーターのデザインもかなり今風、カウルと車体の隙間にパネルが入ってるのでチープな雰囲気のかけらもありませんでした。

次回は試乗インプレ!


次回は試乗インプレッション!
こういうマシンは峠でしょ!ってことでひとっ走りしてきました。

ちょっとだけ先行で感想を言っちゃうと、125のスーパースポーツってまさにこれのことですよ!

次回記事:【125オン】攻めれる125は峠が楽しい!SUZUKI GSX-R125は走り方を教えてくれる先生バイクだった!

PHOTO:渡辺昌彦

この記事をかいた人

佐藤 快アイコン

27歳MotoBe編集長。愛車はRA125、SR400、MHR、NSR250R(MC21)※組立中など大の旧車、2スト好きでもある。バイクに関するWeb記事、雑誌、ライトな写真撮影、脚本、イベントなど何でも編集屋さん。 関連記事:【バイクの魅力】バイクに乗り始めた理由は?「バイクがあれば色んな遊びができるから」ケース1(編集長)

関連記事一覧