バイク用革ジャンって何が凄いの?この冬1シーズン着てわかった普通の服と違うところ

ライダースというその名の通り、バイクといえば革ジャン!というイメージは強いですよね。

でも実際のところバイク用革ジャンってどんなところがいいんだろう?

今まで全然バイク用ウェアを着たことがなかった私ですが、今回初めてバイク用革ジャンを着て冬を過ごしてみたらその魅力が見えてきました!

普通のアウターは寒い…


普段バイク用ではない普通のアウターを使っていて思うのは、とにかく風がビュンビュン吹き込んできて寒いということ…。

歩いているときは暖かくても、いざバイクに乗ると生地自体が風を通したり、袖口や襟元の隙間から風が入り込んで来て体温を奪われてしまいます

ボタンで開閉するタイプのアウターは、ボタンとボタンの小さな隙間からも風が入ってきて地味にお腹あたりがスースーするなんてことも。

暖かそうな見た目でこれなら絶対いけるやん!と思っても、バイクに乗ってみると装備をミスった…と後悔することがよくあります。笑
関連記事:【ジャケット編】プロが教える冬バイクファッション!重ね着の仕方次第で冬の寒さは段違いに変わる!

防風・保温が完璧


今回使ってみたのはカドヤのROXANNE。
関連記事:【革ジャン】渋〜いけど新しい?老舗メーカー「KADOYA」に行ったらライダースに新しい風が吹いていた!

初めてバイク用革ジャンを着てみて、まずすごいと思ったのが防風性です。

革素材が風を通しにくいのと、今回使ってみたのはキルティングで中綿が入っているタイプだったので、保温性も十分でした。

また袖口をファスナーでしっかりと締められることや、手首にかけてだんだん形が細くなっていってることで、空気が入る余計な隙間が少ないということも暖かさに繋がっています。

しっかり首元までボタンが閉まるので真冬でマフラーをしてなくても結構耐えられる!

ヘルメットと上着の間の首元の冷えって何気に堪えますよね。

内側だけ布素材になっているのも暖かいし革との差がオシャレ!

また前開きのボタンの下にもう一段階ファスナーがあったり、色々な点で密閉性が考えられているので冬の凍てつく空気の中走っているときでも快適です。

見た目だけでは普通の服とどれだけ違うかわからなかったけど、実際体感してみるとバイク用として考えられたウェアって凄いんだな〜と感動しました。

バイク用と普通の服は形も違う


普段普通に歩いたりしている時と違い、バイクに乗るときは常に腕を前に伸ばしていたり前傾姿勢だったりします

普通のアウターの場合まっすぐ立っている体勢を基準に作られていますが、バイク用の場合乗車している時の体勢を考えられた作りになっているんです。

バイクに跨った時に変に生地が突っ張ってしまったり袖丈が足りなくなってしまうことがなく、快適かつカッコよく着こなせる!

実際に着てバイクに乗っていたら、しっかりと分厚い素材ではあるけど窮屈さなどはあまり感じませんでした。

また革素材は耐久性が強く、転倒したときなどに破れにくかったりプロテクターのような役割を担ってくれるという点もバイクに適しています。

質感のカッコよさと安全性を兼ね備えてるのが革なんですね。

今の革ジャンはカジュアルに着れる!


今までは革ジャンに対してハードだったりゴリゴリにカッコいい系で、自分に着こなせるかわからない…というイメージを持っていました。

でも今回使ってみた革ジャンは、素材は革だけどキルティングだったり形が普通のコート風であることでカジュアルにも着られるところが新鮮でした!
普通にカーゴパンツにスニーカーとかでもマッチするような感じ。

他にも最近ではフード付きだったり、柔らかくて着やすい革を使っていたり、色んなタイプの革ジャンが登場しています。

自分の服装のスタイルと違うし革ジャンはな…と思う人も、探してみると意外と好みの一着が見つかるかもしれません!

まとめ

革ジャンと聞くと今までちょっと敷居の高さを感じていましたが、実際着てみるとなんでライダーに愛されているのかがわかったような気がします。

ガチなブランドの革ジャンって基本10万円越えなイメージだったけど意外と5万円前後で買えるモデルもあったのも意外でした。

いいものを長く使うというのにも憧れるし、ちょっと頑張って快適さとカッコよさを兼ね備えた一着を持っておくのもいいですね!

今回使ったウェアの詳しい情報はこちら!