• HOME
  • 記事
  • レポート
  • セパハンorアップハン、あなたはどっち派?GPX レジェンド250ツインの1と2で比べてみるスタイルと性格の違いはココ!

セパハンorアップハン、あなたはどっち派?GPX レジェンド250ツインの1と2で比べてみるスタイルと性格の違いはココ!

前回記事:これからがアツいクラシックネイキッド!GPX レジェンド250ツインⅡはカスタムバイクの雰囲気漂うバーチカルツイン
前回記事:バーチカルツインサウンドが心地良い!GPX レジェンド250ツインⅡは移動からツーリングで活躍してくれるクラシックネイキッド

タイのバイクメーカー、GPXからリリースされているレジェンド250ツインシリーズ。
前回まではツインⅡのスタイリングや乗り味を紹介してきましたが、実はⅡだけじゃなくⅠもあるんです。

今回はセパハンとアップハンで何が違うのかとそれぞれの特徴を紹介していきます!

ハンドルの違いは大きい

レジェンド250ツインⅠ


こちらがⅠのスタイリング。
カラーリングも違いますが、セパレートハンドル(通称セパハン)になっているためカフェレーサースタイルの雰囲気も感じます。

ベースは同じですが、ハンドルが違うだけで全体の雰囲気も結構ガッツリ変わるんです。

左がセパハン仕様のレジェンド250ツインⅠ、右がアップハン仕様のレジェンド250ツインⅡ

並べて比べるとわかりやすいですが、アップハンのⅡのほうが手を置く位置が高いため見た目の雰囲気も違います。


乗っているときの姿勢も大きく違います。
セパハンのⅠはライダーの姿勢が前かがみになっているのに対し、アップハンのⅡは前かがみとまで行かず普通のネイキッドポジション

セパハンのほうが横から見たときに攻めている感じがしてスタイリッシュ!
アップハンはスタイリッシュよりも長時間乗っていられそうな安定感を感じます。

性格も変わってくる!


セパハンとアップハンではポジションが違うことでライダーの姿勢も変わるため、同じバイクでも性格が変わってきます
今回のレジェンド250では多少の違いでしたが、それでも違いは違い。

まずセパハンのⅠは前傾姿勢のためフロントに荷重が乗りⅡと比べてコーナーの倒し込みが素早くできます。

常に前傾姿勢なのでコーナリング中はアップハンよりも全然楽
攻めた走りをしても疲れにくいポジションです。

逆に直線では性格は変わらないため、長時間乗っているのはちょっとキツく感じるかもしれません。

逆にアップハンのⅠはコーナリング中でも姿勢が起きるためライダー自ら少し伏せるポジションになります。

倒し込みも違っていて、セパハンはハンドルだけでも倒し込めますが、アップハンでは体全体、主に下半身で倒し込んでいきます

セパハンも結局突き詰めていくと下半身でコントロールすることになりますが、乗る楽しさがそれぞれ別のところにあるのは確か

直線を走っている限りでは明らかにアップハンのⅡのほうが楽です。

何でも幅広くこなしてくれるのはアップハンのⅡでしょう。
しかし乗っているときのスタイリングが良いのと、一定の条件が揃った場所ではセパハンのⅠのほうが乗る楽しみは深いと思います。

選ぶポイントはバイクの楽しみ方


今回両方比較してみて個人的にはセパハンのⅠのほうが車体には合っていて楽しく乗れたと思います。
レジェンド250ツインはかなりスポーティーな足回りなのでセパハンのほうがフルに活かせた感覚

セパハンと言ってもⅠはかなりゆとりのあるセパハンなので距離走ってもそこまで負担には感じません。
本格的なセパハンは今回以上に思いっきり前傾姿勢、ハンドルのキレ角も変わってくるので、Ⅰのセパハンはまだまだ優しいほうです。

バイクにかっこよさと操る楽しさを求めている方はセパハンのⅠかっこよさも重要だけど使い勝手や長距離走っても楽に乗れるという利便性を求めている方はアップハンのⅡがおすすめ。

一番いいのはそれぞれ乗り比べてもらって自分がどちらのほうが楽しく感じるかを実際に体感してもらうこと。

気になった方は是非どちらとも試乗してみてください!

レジェンド250ツインⅠの詳しい情報はこちら!
レジェンド250ツインⅡの詳しい情報はこちら!

取材協力:GPX千葉


今回バイクをお借りしたのはGPXが全て揃っているGPX千葉

実車の見学はもちろん試乗もできるのでお近くで気になっている方は是非一度行ってみてください!

この記事をかいた人

佐藤 快アイコン

27歳MotoBe編集長。愛車はRA125、SR400、MHR、NSR250R(MC21)※組立中など大の旧車、2スト好きでもある。バイクに関するWeb記事、雑誌、ライトな写真撮影、脚本、イベントなど何でも編集屋さん。 関連記事:【バイクの魅力】バイクに乗り始めた理由は?「バイクがあれば色んな遊びができるから」ケース1(編集長)

関連記事一覧