知っておきたい工具の基礎知識 六角レンチとトルクス

img6

バイクの整備には六角穴付きボルトもよく使われます。プラスネジなどに比べるとなめてしまったりする可能性が低く、強いトルクで締付けることができます。また、見た目にも格好良い(使う人の主観ですが)ってことがあってわざわざ見えるところのボルトを六角穴付きボルトに変える人もいます。

【βTITANIUM】【ベータチタニウム】【汎用外装部品・ドレスアップパーツ】

便利な六角ネジ

六角穴付きボルトを緩めるには六角レンチが必要になります。六角レンチは普通L字型になっています。ボルトを緩める時など、強い力をかける時は短い方をボルトに差し込むと長い方で回せるためテコの原理で緩めやすいのです。ただ、長いままだとアチコチにぶつかって回しにくいため、緩んだら一度レンチを抜いて長い方をボルトに差し込み短い方で回すようにします。締付ける時はこの逆のやり方をすることになります。

六角レンチの柄の長さは作業のしやすさに反比例します。長い方の柄が長くなると力はかけやすくなりますが作業はやりにくくなります。柄が短くなってくると作業はしやすいものの力が入れにくくなります。このあたりの兼ね合いで標準的なレンチはできているんですね。

長い方の先端がボールになっているものあって、これを使うとレンチが斜めになっていてもボルトを回すことができてとても便利。ただし、くびれた部分の強度は落ちるので思い切り力を入れると壊れてしまう可能性があります。だから強く回す時は短い方をボルトに差し込むようにしましょう。

ちょっと特殊なトルクスネジ

トルクスというのは、最近少しずつ増えてきたボルトの種類で六角穴付きボルトよりも更にレンチとボルトがガッチリと噛み合ってなめにくいのが特徴。

トルクス サラキャップスクリュー M5X10 (SL)
使っていないバイクとかもあるんですが、いざという時にトルクスを用意していないと整備が止まってしまったりします。こうなるととっても面倒臭い。少し回すくらいなら六角レンチを突っ込んで回すこともできたりしますが、こんなことして力を入れたら確実にボルトを壊してしまいますのであくまでも応急処置的にそういうやり方もあると覚えておくくらいにしておいてください。

ちなみに六角レンチもトルクスもソケットがあって、これならラチェットと組み合わせて使うことも可能。本格的に整備をするのであれば六角レンチ、トルクスのレンチと共にソケットを揃えることをお勧めします。