【オフ125】YAMAHA BW’S125が進化!125で色々遊び尽くせるスクーター!

125の人気度はまだまだ継続中。

しかし排ガス規制により、一時多くの125が姿を消しました…。

が、ついにカムバック!
YAMAHAの125が再び盛り上がりそうです!

冒険したくなるカラー


ビーウィズ125は125スクーターの中ではかなり異質なオフロードテイストを取り入れたバイク。

実際にMotoBeでもレポートしましたが、軽めのオフだったらジャンジャン遊べてしまいます。

今回のカラーはそんな「オフロードテイスト」と「遊び心」を強調したカラーリング。

以前のモデルはマットブラックが主体でしたが、激し目のイエローとマットチタンという珍しいカラー!

ここまで明るいイエローボディのバイクってそこまで多くありません。
ちょうどモトクロッサーみたいなイエローです。

イエローとブラックの組み合わせがアウトドア製品っぽくていい感じ!
普通の125スクーターに比べて圧倒的におしゃれでアクティブなカラーです!

一方マットチタンはどちらかと言えばアドベンチャーバイクみたいなカラー。

一色ではなく、複数色を組み合わせてグラフィックも加えることで遊び感MAX!
これでオフロード走ってても全く違和感ありません!

スクーターオフは面白い


スクーターってオンロード限定であんまりオフのイメージがありませんが、実はライトにオフを楽しむんだったらちょうどいい遊び方もできます。

ガチのオフロードバイクでしか行けないようなところには頑張っても行けないし、オフ車だったら簡単に走れるところもちょっと難しくなる…。

でもそれが結果的に面白くて安全なレベルの場所で楽しめるので背伸びしなくていいんです。

オフロードバイクに混ざってツーリング、とかは無理だと思いますが同じクラスの仲間と一緒に遊べて街でも活躍するバイク、と思えば使い方は無限大です!
関連記事:125でアドベンチャー!大型バイクじゃ出来ない125ccツーリング
※画像は以前のモデル

まとめ

発売は2017年2月10日から!

YAMAHAの遊び心が垣間見えるビーウィズ。
荷物もたくさん入るし、積めるのでキャンプツーリングとかも楽勝です。

毎日通勤・通学でも頼れて休日も遊べる相棒にピッタリのバイクなので是非実車を見てみてください!

この記事をかいた人

佐藤 快アイコン

27歳MotoBe編集長。愛車はRA125、SR400、MHR、NSR250R(MC21)※組立中など大の旧車、2スト好きでもある。バイクに関するWeb記事、雑誌、ライトな写真撮影、脚本、イベントなど何でも編集屋さん。 関連記事:【バイクの魅力】バイクに乗り始めた理由は?「バイクがあれば色んな遊びができるから」ケース1(編集長)

関連記事一覧