• HOME
  • 記事
  • レポート
  • 新車47万で買えるフルカウル、GPX DEMON GR200Rはトレンドをバッチリ抑えた先進的なスポーツマシン!
PR

新車47万で買えるフルカウル、GPX DEMON GR200Rはトレンドをバッチリ抑えた先進的なスポーツマシン!

車体全体をカウルで覆われたフルカウルモデル。

250などの小排気量クラスにもフルカウル車はありますが、実は外車のフルカウルも結構アツいんです!

今回はタイのバイクメーカー、GPXが作ったDEMON GR200Rをご紹介します!

ライトウェイトスポーツマシン!


デーモンGR200Rはライトウェイトスポーツのフルカウルモデル

がっつりカウルに覆われた車体は見た目は重厚的ですが、実は車重155kgと同クラスの中では中々の軽さ!

近年流行ったフルカウルのトレンドはバッチリ押さえてます。
リアからの眺めもスポーツ感満載!

フロント重点的でリアはスッキリというデザインはフルカウルスポーツバイクならではの形です!

エンジンは水冷単気筒200cc、インジェクションとなっています。
カウルで完全に覆われていますが、エンジン全体ゴールド色という珍しい一面も。

インジェクションの水冷単気筒エンジンは初心者でも上から下まで扱いやすく、ツーリングから通勤通学まで幅広く使える特性です。

ブレーキはフロントシングルディスクですが車体が軽いので十分な制動力
キャリパーがレッドになっていたりとレーシーなテイストに仕上がっています。

250クラスでは珍しい、倒立フロントフォークを採用!
ワンランク上のサスペンション性能を期待できそうです!

細かい装備も


このバイク、とにかく前後の灯火類がとにかくカッコいいんです!
フロントはポジションライトとしてLEDラインが入ってます。

ヘッドライトはカウルサイドについているので異様に見た目がスッキリしているんです。

極めつけはこのテールランプ!
後続車の目線釘付け間違い無しのド派手さですよね!

前後ともLEDラインで統一された先進的なスタイルです。

カウルサイドのグラフィックも中々の完成度です。
今回撮影したのはグレーカラー。

ブラックとホワイト、グレーがベースのカウルグラフィックに差し色としてフレームやワンポイントで入っている赤がかっこいい!
次回お見せしますが走っているときもいい意味で街に馴染みすぎない、印象的なグラフィックでした。

タンクは11Lとスポーツバイクにしてはまずまずの容量。
長距離ツーリングなどでもそこまで不安じゃありません。

スポーツバイクらしくニーグリップしやすいよう膝が入る部分は徹底的に削ぎ落とされています

シートは薄めではありますがしっかりグリップの効く素材。
もちろんタンデムシートも付いてます。

今回なんだかんだで結構な距離走りましたが振動でケツが痛くなるようなこともありませんでした

ハンドルはセパレートハンドルと言ってスポーツバイクなら定番の自然と前傾ポジションになるハンドル

最近の250はセパハンでもアップハンと同じくらいの高さが多いですが、デーモンはしっかり低くトップブリッジの下にマウント。
跨ってハンドルを握るだけで自然とカッコいいポジションを作ってくれるんです。

メーターがまた先進的でカッコいいポイント。
スピード、タコ、ガソリン、、水温、時間、距離など付いていてほしいものが全て1パネルに詰め込まれているのでこのスッキリ感

フルLEDなので夜は少しガチャガチャし過ぎかな?と思いきや、ポジションもあってか見ようとしないと大きくは視線に入らないので快適でした。

次回、インプレッション!

ここまで先進的な250って最近じゃ珍しいバイクだと思います。
ちょっと前までフルカウル250ブームが加熱していてその時に各社から一通り出ましたが、デーモンはこのタイミングなので250フルカウルの良いところを厳選して作られたバイク

なので想像以上に上質な作りでした。

次回は走ってみてインプレッション!
カッコだけじゃなく中身も面白い遊べるバイクでした!

次回記事:新車47万で買えるフルカウル、GPX DEMON GR200Rってどんなバイク?レベル別に様々なライダーが乗ってみた感想

デーモンGR200Rの詳しい情報はこちら!

取材協力:GPX千葉


今回バイクをお借りしたのはGPXが全て揃っているGPX千葉

実車の見学はもちろん試乗もできるのでお近くで気になっている方は是非一度行ってみてください!

この記事をかいた人

佐藤 快アイコン

27歳MotoBe編集長。愛車はRA125、SR400、NSR250R(MC21)※組立中など大の2ストローク、旧車好きでもある。バイクに関するWeb記事、雑誌、ライトな写真撮影、脚本、イベントなど何でも編集屋さん。 【バイクの魅力】バイクに乗り始めた理由は?「バイクがあれば色んな遊びができるから」ケース1(25歳/編集長)

関連記事一覧