マットモーターサイクルの最強モデル,マスティフ250はウワサ通り見た目も中身もキングだった

イギリスのカスタムビルダーが作る新車のカスタムバイク、マットモーターサイクル。

今となってはカジュアルバイクの定番と言えるほど世に知れ渡ってきました。

今回はそんなマットの最強モデル、マスティフ250をご紹介します!

マット最強のモデル


こちらがマスティフ250。
マットのバイクって単色でスッキリしたモデルが多いですが、マスティフはそれに比べると色味があってマットの中では少し派手なモデル

しかしタンクのグラフィックとシートのカラーで色味を出しているので下品さがなく、引き締まった渋いスタイルです。
左出しのマフラーがシブい…。

前後のフェンダーやエンジン下のマットガードなど、散りばめられたアルミパーツが映えるのもマスティフの特徴
黒ベースのバイクに地のアルミパーツを合わせるとなんか高級感ありますよね!

リアビューからもスタイル抜群です。

マット最強のモデルと称される理由はマットで唯一ビックタンクを装備していること。

スタンダードなマットは12Lタンクですが、マスティフのタンクは15L
15Lというとリッター20キロ走るとして12Lよりも60キロも長く走れるんです(単純計算上300キロ走れる)。

エンジンは空冷単気筒250cc
他のマットと同じ仕様です。

インジェクション仕様なので燃費もいいし、乗り始めたあとも面倒なセッティングなどの作業は一切必要ありません。

モングレルから派生


マスティフはマットに以前からあったモングレル250というバイクがベースになっています。
モングレルにビックタンクを付けてローシートにするなど、また別の方向にカスタムして生まれたのがマスティフなんです。

街中を走るストリートバイクの域を抜け、ツーリングバイクとしても使える硬派カスタムなモデルです。

足とツーリングをこれ1台で!


マットの良いところってどのモデルも気軽に乗りやすいところ

世の中色んなバイクがありますが、大きなバイクって街中の移動だけじゃ乗りたくないし、かと言って街の足用のバイクを買うのも高いし…。

その点マットは大きさ的にもパワー的にも、誰もが簡単に、気軽に乗れるよう設計されているので、街を走ってもそういうストレスが一切ないんです。

マスティフは街中はもちろん、ロングツーリングにも行ける長距離仕様なので、街の移動とロングツーリングどちらもこれ一台でできるのが良いポイント

実際乗るまではもっと普通のマットと違って色々変わっているのかと思ってましたが、あくまでスタンダードのマットの良さは残しつつ、長距離走れるように装備面でカスタムされたモデルでした。

今回は街中のみですが様々な場所を走行。

マットはどの角度、どのタイミングで写真を撮っても映えてしまうのがすごい所。
さすがプロのカスタムビルダーが作っているだけあって細部までしっかり手が入っています。

ブレーキや足回りなどメカニック的な部分も結構しっかり作り込んであるので、目的地への移動だけではなく、街を散策して気になったところに入ってみる、みたいなスクーター的使い方もできました。

ただの移動をおしゃれに、街中をかっこよく彩ってくれるマット。
マスティフはそんなマットの中でも様々な可能性を感じるモデルでした!

マットモーターサイクル MASTIFF250(マスティフ)の詳しい情報はこちら!

関連記事:【125】MUTT Motorcycle RS-13は見た目だけじゃなく乗り味も若者向け?!都内ナイトツーリングで検証!
関連記事:【映え】MUTT Motorcycle HILTS250はどういうバイク?一週間で450km街中を走って検証!