【125cc×SUP】実は相性抜群だった!バイクで今流行のSUPをやりに海に行こう! Vol.2

前回記事:http://moto-be.com/125_sup_1

今流行のSUPをバイクでやりに行こうというこの企画。

前回は実際にやってみた体験レポートをお届けしました。
今回は具体的に何で相性が良いのかを解説していきたいと思います。

125とSUPの相性は?


実は最近、SUPのスクールに何回も通う人がいるようです。
一回で基本操作覚えられるのにどうして?って聞いてみるとと理由がいくつかありました。

スクールだとインストラクターもいて気軽だし楽しい、っていう人もいたんですが実はSUPを運びたくても運ぶ手段がないという人がとても多かったんです。

自分で持ち運びができたらもっと自由に楽しめることは間違いありません。
そこで今回125ccとの組み合わせを考えてみたわけです。

今流行りのインフレータブルのSUPなら10キロもないのでバックに入れれば十分にスクーターで運べてしまいます。

SUP自体の重さはタンデムシートで支えるようにして左右に倒れないように支えるだけにしておけば意外に疲れません。

チカちゃんにもこの状態で走ってもらいましたが「全然余裕ですよ」とのコメント。

近場なら原付きでも運べると思いますが、パワーと安定性がちょっと足りない感じ。

原付きスクーターってタイヤ径が小さいしそもそも大きな荷物搭載すること考えていないので大きな荷物を積むと安定性に欠けることもあります。

ところがPCXはタイヤが大きくてとても安定しているし二人乗り想定してシートも大きいから荷物も背負いやすい。

パワーもあるから余裕で走ります。

しかもシガーライター装備なのでSUPを膨らませる電動ポンプが使えます。
まるでSUPの為に作られたんじゃないかと思うくらいマッチングがいいんです。

撮影している時はSUPの人達から注目されて「それ、いくらするんですか?」なんて聞かれたくらい。
もしかするとこれから125でSUP運ぶ人が増えるかもしれません。

幕張近辺のツーリングスポット

その後、海岸近くをPCXで散歩。幕張はちょっとアメリカっぽい街があったりします。

幕張あたりの海沿いの道は片側三車線のところまあったりして交通の流れが速いんですが、PCXだとまったくパワーに不足はありませんでした。

その後は地元の人達が集まるホットドック屋さん「CARKEYS(カーキーズ)」でお昼ごはん。

ここはテイクアウトもあり。
つまり海に持って行って食べることもできます。
CARKEYS(カーキーズ)の詳しいレポートはこちら!

幕張、検見川の浜はバイクを止めるスペースもあるのでそんなピクニック気分のランチを楽しめたりするわけです。
SUP以外でもオオスメのお気軽な日帰りプチツーリングスポットです。

PCXってどんなバイク?

125のスクーターでとっても人気なのがPCXです。

その魅力は乗った瞬間に分かる完成度の高さ。
エンジンのスムーズさは完璧で振動はまったくなし。

滑るように加速していきす。
加速していく時のフィーリングも気持ち良くスピードが上がってい来ます。

スタートした時の力強さといい高回転での気持ち良い回り方といい素晴らしく楽しいバイクでした。
ビックバイクに乗っている人達がセカンドバイクに使ってもまったく不満が出ません。

凄いのは車体がしっかりしていること。
タイヤも14インチと普通のスクーターより大きい為に安定していて、コーナーリングも相当なレベルで楽しめてしまいます。

スクーターってちょっと不安な感じがすることも多いんですが、PCXはそんなことが皆無でした。

左のポケットを開けるとペットボトルが入るスペースがあります。

ここにシガーソケットがあるので電動ポンプも使用できます。USBソケットつけてスマホの充電もできてしまいます。

シートの座り心地は文句のつけようがなし。

しかもタンデムシート部分が高くなっているので二人乗りした時も後ろのライダーは視界がいいんです。

今回、SUPのバッグを背負った時、重さを支えられたのもこのタンデムシートが高くなっているからです。

右のスイッチでアイドリングストップを使えば街中の燃費は一気にアップします。

信号待ちなどで一定時間止まっているとエンジンがストップ。
再びスロットルを開けるとエンジンが始動します。

この時のフィーリングがとても自然です。
ちなみにメーカー公表値だと二人乗りしていてもリッターあたり60kmも走る経済性を持っています。

Honda PCX

まとめ

バイクでSUP、いかがでしたでしょうか。

バイクってツーリングとか移動手段とか色んな楽しみ方、使い方がありますが、今回みたいに別の遊び方の可能性をグッと広げる力も持ってるんです。

気になった方は是非バイクSUPやってみてください。